ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国HardKernel社、Samsung Exynos 5 Octaプロセッサを搭載した開発用評価ボード「ODROID-XU」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国HardKernel社は8月1日、Samsung Exynos 5 Octa(5410)プロセッサを搭載した開発用評価ボード「ODROID-XU」を発表しました。「ODROIDシリーズ」はAndroid/Linux開発者向けにハードウェアの回路図、システムのソースコードを提供するオープンソースの製品群。今回発表された新モデル「ODROID-XU」は、Cortex-A15✗4+Cortex-A7✗4の8コアCPUを内蔵した「Exynos 5410」を搭載し、Android/Linuxに対応した開発者向けの評価ボードです。 現在同社の直販サイトでは予約受付が行われており、9月10日に発売・発送される予定です。 Exynos5 Octa Cortex-A15 1.6GhzクアッドコアとCortex-A7クアッドコア PowerVR SGX544MP3 GPU(OpenGL ES 2.0、OpenGL ES 1.1、OpenCL 1.1 EP対応) 2GB LPDDR3 RAM PoP USB 3.0 Host 1ポート、USB 3.0 OTG 1ポート、USB 2.0 Host 4ポート Micro HDMI出力端子(HDMI 1.4a) eMMC 4.5フラッシュストレージSource : HardKernel直販サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
国内の一部ショップで新型Nexus 7の予約受付が実施中、8月下旬に発売?
KDDI、スティックタイプのテレビ用小型STB「Smart TV Stick」にビデオパスの問題を解消するアップデートを提供開始
LG、次期フラッグシップ「LG G2」付属のイヤホン「クアッドビット2」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP