ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バスツアーを楽しむ方法 選び方と参加時の注意点を達人解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どこかに遊びに行きたいけど、マイカーだと出費が…。そんな人におすすめなのが日帰りバスツアー。自力で行くにはお金も労力もかかるところを、格安で連れて行ってくれるんです!

 旅行ジャーナリストの村田和子さんはこう語る。

「この夏は世界遺産になった富士山や、遷宮年の出雲大社、朝ドラで話題の三陸など、話題のスポットのツアーが数多く出ています。バスツアーの最大の魅力は、トレンドをすぐに取り入れる“旬”感。しかも名所巡りだけでなく、グルメもおみやげもしっかりついてくる。利用者が“お得”と思えるツボが満載なんです」

 ツアーがたくさんありすぎて、何をどう選べばいいの? 行くときに注意すべき点はある?――そんな初心者のギモンにも達人・村田さんが“5か条”をアドバイス。

【1】あるといい持ち物はこれ
 荷物少なめが基本。便利なのは、車内や高地の寒さ対策に羽織り物、長時間移動のむくみ防止に着圧ソックス、何かと便利なウエットティッシュやエコバッグなども◎。

【2】車内の過ごし方で楽しさ倍増
 ケータイやスマホの地図などを利用し、今どこを走っているかをチェックすると車窓の景色も一味違って楽しめますよ。

【3】親子参加やグルメツアーの注意点
 トイレがある程度我慢できる年齢でないと子供との親子参加は厳しいかもしれません。味覚狩りでは畑などに入ることを考慮して。ビニール袋に足を入れ輪ゴムでとめると靴が汚れません。

【4】催行人数やコース内容は要チェック
 募集日でも催行人数が揃わないとツアーが中止になることも。催行人数とコース内容は予約前にしっかりチェックをしましょう。スカートかパンツかなどふさわしい服装もTPOを考えて。

【5】時間厳守は最低限のマナー
 遅れると行程に支障を及ぼすうえ、車内の雰囲気は最悪に。出発時間はもちろん、各観光地での集合時間は厳守! 5分前行動を心がけて。

※女性セブン2013年8月15日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安全な高速バス「1日400km以上の運転は2人体制」と専門家
年末年始の旅行 旅行達人が「ツアー人数確認しろ」など指南
日帰りツアーで町おこし 埼玉では「山ガールツアー」が人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP