ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈ヘタレのヒーロー〉目指すコンテンポラリーな生活の新作が〈タワレコメン〉に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

朝日廉(ギター/ヴォーカル)、藤田彩(ベース)、酒井俊介(ドラムス)の3人によって2009年に結成され、〈ヘタレのヒーロー〉になることを目標に活躍中の〈健康優良不良ポップバンド〉、コンテンポラリーな生活。弾けるようなギター・ロックで注目を集める彼らが、新たなミニ・アルバム『ぼくらのキラーチューン』をタワーレコード限定で8月21日にリリースする。 


コンテンポラリーな生活 『ぼくらのキラーチューン』
ジャケット画像

バンドにとって3枚目のミニ・アルバムとなる本作は、タワー渋谷店スタッフのプッシュによりオススメ・アイテム〈タワレコメン〉として全店で展開する1枚。歯切れの良いギター・サウンドとキャッチーな歌メロが耳に残る“笑えない日々、笑える毎日”、完売したシングル“僕らのシンライン戦争”にも収められた“東京殺法”など、計6曲で構成される。トラックリストは下記の通り。

また、タワーレコードの一部店舗で販売していたセカンド・ミニ・アルバム『彼らは鉄腕ナインティーン』が、全国のタワー店舗およびTOWER RECORDS ONLINEでも8月21日に取り扱いがスタート。こちらには、封入特典としてタワレコをこよなく愛する〈塔子さん〉のステッカーが同梱します。ぜひチェックをどうぞ!

 

〈コンテンポラリーな生活 『ぼくらのキラーチューン』収録曲〉
1. ゴミ箱人間さん
2. 東京殺法
3. ライフワーク
4. 夜行性の2人
5. 笑えない日々、笑える毎日
6. 終電劇場

 

〈コンテンポラリーな生活 『彼らは鉄腕ナインティーン』収録曲〉
1. 新聞少年、街を往く
2. 死なない声を探す
3. 帰り道
4. ひとえの少女
5. 鉄腕ナインティーン

 

タワーレコード スタッフ推薦コメント

関西発スリーピースバンド! 関西を中心にライブ活動を行い、KANA-BOONらと企画ライブ〈ゆとり〉を実施し、徐々にその名を知られつつある彼ら。イントロからがっつり刺さるメロディー、誰しもが日常で抱えている思いを切り取った歌詞、アグレッシヴなライヴパフォーマンス、2013年後半大注目のバンドです。今回のミニアルバムは満を持して、タワーレコード全国流通決定! コンポラの名刺代わりともいえるキラーチューン6曲を収録。 (渋谷店 窪田)

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP