ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「ARROWS Tab F-05E」のAndroid 4.1.2アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは8月1日、富士通製Androidタブレット「ARROWS Tab F-05E」のAndroid 4.1.2アップデートを開始しました。Android 4.1.2へのOSバージョンアップ今回のアップデートでOSがAndroid 4.0.4(ICS)からAndroid 4.1.2(Jelly Bean)にバージョンアップします。これにより、画面の切替わりやスクロール時の滑らかさ、アプリの応答がよくなるほか、通知パネルやナビゲーションボタンの機能性も向上。検索履歴や位置情報に基づきおすすめ情報をカード形式で知らせる「Google Now」も利用できるようになります。通知パネルについては、日付が追加され、通知はメールの本文やスクリーンショット画像の展開して一部をプレビューしたり、新着メールに対して「アーカイブ」や「返信」などの操作を実行できたりと、アプリによって通知から直接操作を実行できるようになります。「Google Now」については、Google検索アプリをアップデートすると、画面下部のナビゲーションバー(操作ボタン)を押したまま上にスライドすると起動します。富士通独自の変更富士通独自の変更としては、「最近使用したアプリ」パネルに起動中のアプリ全てを終了するボタンが追加、「キャプメモ」ボタンの配置位置が右側から左側に移動、顔検出機能の追加により、暗い場所でも人物を綺麗に撮影できるようになります。このほか、dビデオの動画を再生中に、エラーメッセージが表示される事象が改善されています。アップデート操作はWi-Fi経由とパソコン経由(Mciro SDカード使用)の2通り。Wi-Fi経由の場合は、F-05Eの設定メニューを表示後、「端末情報」→「Androidバージョンアップ」→「確認する」→「ダウンロードを開始」ボタンをタップすると更新ファイルのダウンロード画面が開きます。ダウンロード完了後、「バージョンアップ開始」をタップシます。パソコン経由の場合は、http://spf.fmworld.net/fujitsu/c/update/nttdocomo/f-05e/update1/top/index.htmlより更新ファイルをダウンロードします。アップデートにかかる時間は、Wi-Fi経由が38分、パソコン経由が40分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V08R32D」です。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto X」にはGoogle Play Editionも存在するらしい
Sony Mobile “Honami”の写真がまた流出、Gレンズの採用と2,000万画素カメラの存在が確認される
Motorola、「Moto X」の外装デザインや一部仕様を注文時にカスタマイズできるWEBサイト「Moto Maker」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。