ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年収300万でも確実に貯まる! 貯金を考えたときに用意しておきたいもの3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


すぐ未来にある彼との同棲・結婚のためにも、子どもができたときのためにも貯金はきちんとしておきたいです。
給料は全部、かわいくなる為のアイテムや美容品に変わっていく…。そんな日々をもう終わりにしたい人だけ続きを読んでください♪
脳タイプ別ハッピー貯金生活』(扶桑社)には年収が300万円でも絶対たまる貯金法が載っています。もちろんそれ以下でも大丈夫です。貯金を考えたときにまず用意しておきたいものを3つご紹介しますね!
1. 入金オンリー通帳

「貯金専用口座を作って、こまめに貯金しましょう。キャッシュカードは作らないのも手です。記帳するたび増えていく数字が励みに」

この入金オンリー口座は私自身の経験から言っても重要度が高いです。生活費の通帳とは分けてあるので、気になったときにネットで調べてみると驚くような額になっていることもあります。残高が減ることがなく、「貯金できている」という自信にもつながりますよ。
2. WantsとNeedsのリスト

「この1年で買ったものと値段を思いつく限り書き出して『WANTS(ほしかったもの)』と『NEEDS(必要だったもの)』に分類し、『ほしかったもの』にはその理由も」

少し大変ですが半年分でもいいので書き出してみましょう。書き始めると使ったことを忘れていたお金に気づいたり、買ったけど開けずにしまってあるモノに愕然としたりします。WantsからNeedsの額を引いた分、我慢していれば貯金できた額ということになります。
3. 浪費財布

「週予算を2万円と決めて使い、週の終わりに残った小銭を『浪費財布』に入れています。この財布は、家計と関係なく、浪費していいお金」

小銭やレシート、ポイントカードが多く入ってパンパンになった財布は、風水的にもお金が貯まらないといいます。財布をキレイにできる上に、頑張ったときのプチご褒美代にもできて一石二鳥です。
この3つはあなたの貯金の味方になってくれる重要なものです。きっと半年後には結構な貯金ができているでしょう。それを楽しみに頑張ってみては?
この本には脳のタイプ別に、自分に合う貯金法で貯金を成功させるワザが書いてあります。あなたが右脳派か左脳派かを見極めれば自分にピッタリの貯金生活が送れます。
いつも貯めるつもりのお金を使ってしまうという人、ぜひ自分のココロにしっくりくる貯金ワザを使ってみてください。
photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
気分はバレリーナ! フランスのシューズブランド「レペット」よりフレグランスが登場
食事制限の必要なし☆ ダイエットや便秘解消に心強い植物「サラシア」って?
シンプルでかんたん☆ ワンコインで作れちゃうオリジナルネックレス

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。