ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」のソフトウェアアップデートを開始、バイブレーターの振動時間やタッチパネルに関する不具合に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは7月31日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」にシステムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。今回のアップデートでは、通知にバイブレーターを使用するように設定した場合でも、spモードメールを受信した時に設定した振動時間よりも長く振動する事象、ディスプレイの一部を触れた状態で電源ボタンを押してスリープから復帰させると、タッチパネルが反応しなくなる事象が改善されるそうです。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。SH-06Eの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は約6分。アップデート後のソフトウェアビルドは「01.00.06」。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
手元のNexus 7 Wi-Fi 16GBモデル(国内版)にAndroid 4.3へのアップデート通知が降ってきました
Samsung、TDD-LTE/FDD-LTEデュアルモード対応のGalaxy S 4とGalaxy S 4 miniを発表
「docomo Wi-Fi」が名古屋鉄道やNEXCO西日本の一部のPA/SAで利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。