ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星野源、自身出演の映画「地獄でなぜ悪い」主題歌シングル10月発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

現在、病気療養のため活動休止中の星野源が、ニュー・シングル“地獄でなぜ悪い”を10月2日にリリースすることがあきらかとなった。

 


映画「地獄でなぜ悪い」場面写真

 

6枚目のシングルとなる本作の表題曲は、自身も出演する9月28日公開の映画「地獄でなぜ悪い」の主題歌となるもの。監督の園子温からのオファーを受けて書き下ろした新曲となっており、レコーディングは活動休止前に行われていたという。星野は劇中で、園監督が青春時代に実際に体験したエピソードを元に、ヤクザの娘と関わったばかりに映画製作に巻き込まれてしまう男を好演。主演の國村隼をはじめ、堤真一、長谷川博己、二階堂ふみ、友近といった豪華キャストが参加し、監督が十数年間あたためていた脚本にみずから筆を加え、当時の映画に対する純粋な思いを吐き出した渾身の一作を、役者としてのみならず主題歌でも盛り上げることになる。

シングルには、星野の「面白いのでぜひ聴いて欲しい」という希望で同曲のカラオケも収録。初回限定盤はDVD付きのスリーブケース仕様となる。映画のオフィシャルサイトでは予告編映像が公開され、楽曲の一部も聴くことができるので、ファンはぜひチェックしよう。

★星野源の活動休止についてのニュースはこちらから

 

〈星野源 “地獄でなぜ悪い”収録曲〉
1. 地獄でなぜ悪い
2. 地獄でなぜ悪い(karaoke)

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP