体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歩歩高(BBK)が厚さ5mm台の薄型スマートフォン「Vivo X3」を開発しているらしい

中国メーカー 歩歩高(BBK)が現在の世界最薄スマートフォン 「Ascend P6」(6.18mm)よりもさらに薄いスマートフォンを開発しているという情報がWeiboで伝えられています。そのスマートフォンの名前は「Vivo X3」。外観は写真の通りで、他社端末と厚さを比較したところを見ると、6.18mmのAscend P6よりも若干薄いことがわかります。実際のサイズは不明ですが、Weiboに写真を投稿した方によると、厚さは6mm未満(5mm台?)になるとのことです。

「Vivo X3」は5インチディスプレイを搭載した大型スマートフォンで、D/A変換回路にESS社のDACチップ「ES9018」が使用されているそうです。発売時期は2013年8月ごろとされています。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技が799元(約12,700円)の低価格スマートフォン「紅米手机(Red Rice Phone)」を発表、8月12日より販売
スマートフォンで撮影した写真や動画を「Chromecast」にストリーミングできるアプリ「Phone to Chromecast」が開発中(動画あり)
NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」のソフトウェアアップデートを開始、バイブレーターの振動時間やタッチパネルに関する不具合に対処

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。