ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「人間」とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

「人間」とは

なにやら「人間力」が話題のようだ。大学入試に人間力の評価を導入するという。人間力それは我々日本(大和)民族の力でもある。この「大和民族力」を略して「和民力」という新名称を与えてはどうだろうか。

「突破せよ!東大合格、和民力800点の壁!」みたいな。機械のストレス試験みたいなものになると思われるが、非破壊検査になること望んでやまない。

   *   *   *

ところで「人間」ということば、そもそも「人」だけで人間なわけで、なぜそれとは別に「人間」という言葉が存在するのだろうか。「和泉」は「いずみ」と読む。「泉」だけでも「いずみ」だ。「大和」はむかしは「大倭」と書いたが、「倭」だけでも「やまと」だ。

どうも1文字だけの単語だと重みがなさそうに感じて、2文字にしたがるのだろうか?

   *   *   *

人間は、仏教語でサンスクリット語「mamusya」の漢訳。仏教語としての「人間」は「世の中」「世間」「人の世」を意味した言葉で、「人間」に「人」そのもの意味が加わったのは江戸時代以降である。

「人間(にんげん)」 『語源由来辞典』
http://gogen-allguide.com/ni/ningen.html

なるほど。最初は「世間」という意味だったのが、後になって人間そのものも指すようになったのか。世間なら「人のあいだ」というのもなんとなく分かる。

で、なんで「人間」が「人」の意味にも用いられるようになったかだけど、やっぱなんでも漢字2文字にしたがる日本人の特性ではなかろうか。

   *   *   *

日本人は漢字2文字が好きなんだよね。奈良時代に全国の地名を縁起のいい漢字2文字にせよとおふれを出している。

主に地形の意味を含む地名が奈良時代の和銅6年(713年)に「中国にならい郡郷名を好字(よきじ、縁起の良い字)で著せ」とする和銅官命で強引な当て字2文字に置き換えられた地名が多く、それらの地名が数多く残っている。

「難読地名」『wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/難読地名

日本の地名の漢字の読み方がデタラメなのは、これが大きな理由。

   *   *   *

humanとmanについて面白い話。

「”人間”と”human”の語源を教えてください。 どちらも”人”や”man”で代用できるのに、…」 2008年04月30日 『Yahoo!知恵袋』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416237604

manだけで人間なのに、humanも人間を表すのはなぜかという質問。回答者はmanにhu-がついたものではなさそうと答えている。つまり語源が別々でたまたま語尾が似た単語があったのだろう、と。

femaleとmaleについても語っている。てっきりfemaleはmaleにfe-がついた単語かと思っていたら、語源が全く違うらしい。

   *   *   *

ところで大学というのは本来、学問を研究するところだよね。だから学力で合否を判断するのは、当然だと思うのだが…。それが就職のための専門学校みたいなものになってるから、学問だけでなく総合的な能力を判断すべきとかいう話になる。どんどん間違った方向に進んでいる気がするのだが…。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年07月30日時点のものです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP