体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

21世紀の大勧進、古本勧進がはじまります

21世紀の大勧進、古本勧進がはじまります

彼岸寺や未来の住職塾を運営する一般社団法人お寺の未来は、東北復興支援のための活動として
「古本勧進」(ふるほんかんじん)をスタート致します。

■古本勧進とは?

全国のお坊さんが、ご縁のある方々にお声がけしながら、不要になった書籍をお寺に集め、集まった書籍の買取金額を全額、東北の子どもたちの学習支援団体に寄付させていただく活動です。

furuhon_kanjin_step.jpg

お寺は仏教を学ぶところ、たくさんの書籍が眠っています。お寺に、故人さまの遺品としてたくさんの書籍をお持ちいただくことがあります。そして、全国には読まれなくなった書籍が大量に本棚の肥やしとなって眠っています。

勧進(かんじん)には、「僧侶が世のため人のために、多くの人々の賛同、お力添えを得ながら行う活動」という意味があります。

東日本大震災から2年余りが過ぎました。復興支援はまだまだこれからが本番です。我々が生きるこの時代に、何より必要なこと、それは子どもたちの未来を考え、行動することだと考えます。

眠っている書籍を全国のお寺に集め、それらを寄附金として支援に回す活動、それが21世紀の大勧進、古本勧進なのです。

支援活動の第一弾として、2013年8月31日までに活動で生まれた資金は、東北の子どもたちの学習支援を行う以下の2団体へ全額寄付致します。

一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン http://www.cfc.or.jp/

学校外での教育を十分に受けることができない子どもたちに対して、塾・予備校・習い事等で使えるクーポン(バウチャー)を提供し、子どもの学校外での学びの機会を保証しています。

200冊の書籍で、中学生・高校生が予備校の夏期講習を受講し、受験勉強をすることができます。
400冊の書籍で、小学生が学習塾を3ヶ月間利用し、学習の機会を得ることができます。
(※買取金額が1冊50円の場合)

NPO法人フローレンス(希望のゼミ) http://kibounozemi.jp/

子どもが熱を出した時に保育園にかわって預かる「病児保育」を行なってきた団体です。東日本大震災以降、塾への通学や進学を諦めざる得ない子どもの増加が予測されます。「希望のゼミ」では被災地で、進学や将来の夢にむかって頑張る中高生の自主学習を支援しています。

60冊の書籍で、学習室で学習指導員が10名の生徒に対し1回の学習サポートを行うことができます。
(※買取金額が1冊50円の場合)

また、お寺への古本の集荷・その後の仕分け・買取については、株式会社バリューブックス( http://www.valuebooks.jp/ )に運営をお願いしています。読書生活をイノベーションするための社会事業を積極的に推進する企業で、古本を活用した新しい流通の仕組みや募金活動などたくさんの実績があります。古本勧進の趣旨にもご賛同いただき、今回の企画が実現しました。

なお、皆様より集めさせていただいた書籍や買取で生まれた寄附金額の状況などは、期間終了後、彼岸寺並びに参加ご寺院様を経由してご協力いただいた皆様へお知らせ致します。(9月下旬頃を予定しております)

お寺さま向けパンフレットはこちらからダウンロードください
http://www.oteranomirai.or.jp/wp/wp-content/uploads/2013/06/kanjin_fortemple.pdf

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。