体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

酷暑の大阪駅前が突如銀世界に!? NON STYLEの登場に沸いた『ファンタ 真夏の雪祭り』レポート

fanta0727-01

フルーツ味でおなじみの炭酸飲料『ファンタ』が10代の“遊び”を応援する目的で毎月第4土曜日に定めている“遊ぶ日”。5月に開催された東京・よみうりランドでのイベント『カラフルフェス』の模様はガジェット通信でもお伝えしました。

※スリムクラブ真栄田賢さんが中高生とはしゃぎまくり! 自由なペイントが弾けた『ファンタ カラフルフェス”遊ぶ日”』レポート
http://getnews.jp/archives/348666 [リンク]

2013年7月27日には、第3回“遊ぶ日”となる『ファンタ 真夏の雪まつり』がグランフロント大阪うめきた広場で行われ、NON STYLEの石田明さんと井上裕介さんが登場。中高生と一緒になって真夏に作られた銀世界での“遊び”を体感しました。

fanta0727-13

2013年4月に開業した大阪駅前の新スポット・グランフロント大阪。ターミナル駅から目と鼻の先の広場に突然現れた雪景色に、通りかかった人が不思議そうに足を止める姿も。

fanta0727-02

『真夏の雪祭り』では、“雪合戦”と“雪遊び”の2つの遊びを実施。“雪遊び”では、10代のDJ CREWがアップテンポのプレイでアゲていく中、冷やしたファンタが無料で配られたほか、中高生限定でかき氷もふるまわれました。持ち込まれた人工降雪機から勢いよく飛び出す雪に、集まったティーンたちも大はしゃぎ。

fanta0727-03

オフィスや商業施設に囲まれたスペースに舞い散る雪。一瞬だけとはいえ、暑さを忘れさせてくれます。

fanta0727-04

“雪合戦”の時間に登場したNON STYLEの二人。積もった雪を見て井上さんが「最後に大阪で雪を見たのは高校生くらい」と驚きの声。

fanta0727-05

「雪は白くて背景に溶け込んでしまうので苦手。後ろに壁があってよかった」という石田さん。すでに雪まみれになった来場者を「びっちゃびちゃやん!」とイジると、歓声がさらに大きくなります。

井上さんもいつも通りのナルシストキャラを随所で見せ、石田さんから「公私ともにスベるのが得意」と評される場面も。

fanta0727-06
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。