ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“現状維持は衰退”ビジネスの本質とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

“現状維持は衰退”ビジネスの本質とは?
 業界最後発の製麺機メーカーが、創業36年で全国シェア1位になり、世界へと市場を広げ続けている。
 大和製作所の創業者・藤井薫氏は、どのような考えを持ち、どのようにして、たった1人ではじめた会社をここまで成長させたのだろうか。

 『トップになりたきゃ、競争するな』(藤井薫/著、こう書房/刊)では、起業を目指す人やビジネスパーソンに向けて、著者の藤井氏が今に至るまでの経験から得たことや、アドバイスを紹介する。

 物事にはタイムラグがある。事業を始めて不遇の時代を耐えなければならないこともある。
 藤井氏は現・大和製作所を創業後、当初は機会設計・製造・販売全般を行っていたが、香川という土地柄、製麺機の受注が多く、製麺機の設計・製造・販売に特化するようになる。そして、1人でスタートした麺ビジネスは、業界最後発の製麺機メーカーにもかかわらず、苦労の末、現在では業界トップシェアメーカーへと成長を遂げた。
 このように、夢を実現させた藤井氏は、ビジネスの本質とは何かを理解することで、夢を実現するタイムラグをできるだけ減らすことができると語る。本書では、藤井氏の考えるビジネスの本質についても紹介している。

 例えば、「成長し続ける」ということ。成長こそがビジネスの原点。地球上のすべての生物は成長途上にあるか、衰退途上にあるかのどちらかで、現状維持というのはない。現状維持しているつもりでも、世の中は休みなく進化しているので、立ち止まると、衰退の一途をたどることになる。
 「ライバルとは絶対に競争しない」ということも重要だ。「吉野家」「すき家」「松屋」の牛丼チェーン3社が、低価格競争を繰り広げ、吉野家は赤字になってしまった。逆に、「スターバックス」は、他社と競争をせずに成功した。スターバックスが日本に上陸したとき、すでに「ドトール」などのセルフ式コーヒーショップがいたるところにあった。そんな中、スターバックスはほかのコーヒーショップと価格競争をせずに独自のコンセプトで展開をはじめた。スターバックスが打ち出したのは、「第3の場所」というコンセプト。第1の場所は自宅、第2の場所は会社や学校。オフィスでも自宅でもないコーヒーの心地良い場所で、ソファに腰掛けながら、ゆっくりとコーヒーを飲み、本を読んだり、仕事をしたりできる。それがスターバックス独自の価値観だ。その結果、スターバックスは、店舗数を増やしていくことになる。ライバル店と競争をしてしまうと、最終的には価格競争になってしまう。無益な競争は、ただの消耗戦に陥ってしまう。値下げ合戦をするよりも、ライバルに絶対負けない強みを持つことが大切なのだ。

 これから新しいことを始めたい、今の状況に慣れてしまって物足りない、そんな人は、藤井氏の考え方やビジネスでの経験談は、参考になるはずだ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
経営やビジネスで最も大事な3つの要素とは?
成功するビジネスマンの3つの特徴
ビジネス交渉は落とし所探しではない

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。