ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運用タイミングで差が開く「金持ちサイクルと貧乏サイクル」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“お金のお医者さん”として知られる「家計の見直し相談センター」の藤川太氏がお金に関する固定観念を解きほぐす『マネーポスト』連載「お金持ちの方程式」。ここでは、お金持ちとそうでない人の、運用タイミングの違いについて解説する。

 * * *
 ご承知の通り、相場には波があります。昨今の株価にしても為替にしても、確かに大きな波もありますが、そのなかでは上がったり下がったりを繰り返すわけです。

 ところが、運用が下手な人は「いま買わなければ損」とでもいわんばかりに、株価や為替が大きく動いた、言い換えればリスクが高まってから大きく運用しようとします。だから多くの人はこれだけ株高となってもリーマン・ショック後の損失を取り戻すことに明け暮れてしまう。

 それでは、いつまで経っても「貧乏サイクル」から抜け出すことはできません。底値圏ではなかなか手を出せず、だいぶ値上がりしたところでようやく買いに行く。結果的に高値掴みとなり、その後下落基調に転じてしまうと、今度は早めに損切りしておけばよかったのに、「いつかは上がる」と思い込んで売るに売れない塩漬けにしてしまう。

 あげくにさらなる下落に見舞われて、ついに心が折れ、結局は手放してしまう。そして、次の上昇局面を迎えても投じる資金が乏しいというサイクルに陥ってしまうのです。

 これに対し、本当のお金持ちは、みんなが悲鳴を上げているような底値圏で厚く買っており、天井圏ではほとんど手を出しません。安く仕込んでいるから天井圏で高く売ることができ、大きな利益を確保することができるわけです。そして底値圏に至るまでに売るものがほとんどなくなり、再び底値圏で大きく買える投資余力が生まれるという好循環となる。これが「金持ちサイクル」です。

 投資の入門書にも書かれているような「長期」で「分散」というのはあくまでセオリーであって、せいぜい平均的なリターンが期待できるだけ。ましてや、いまや「世界同時バブル」が「世界同時暴落」に転じるケースも少なくない。さまざまな運用先にリスク分散しているつもりでも、実は大きなリスクにさらされていて、それではなかなかお金持ちになれないでしょう。

 本当のお金持ちはみんなが悲鳴を上げている時に「集中」して買って、短期とまではいいませんが、いつまでも持ち続けているわけではない。みんなが浮かれて買いに走っている、いいかえれば売りやすいタイミングで大きな利益を確保する。常に「出口」を考えているわけです。

 しかも、この「金持ちサイクル」にいったん入ることができれば、次に投資できる金額がグンと増え、これを3~4回も繰り返せばさらなるお金持ちになれるに違いありません。

 お金持ちへの道は一直線ではなく、階段状に上がっていきます。いったん資産を殖やせば、また次の階段を越えることで大きく駆け上がることができる。それは何もいまお金持ちだからできる芸当ではありません。

 お金持ちでなくとも「リスクにさらせるお金」を思い切って集中投下して、「金持ちサイクル」に入ることを目指せばよいのです。そもそもたとえ失っても耐えられる金額に絞り込んでいるわけですから、投資先を分散している場合ではないでしょう。

(連載「お金持ちの方程式」より抜粋)

※マネーポスト2013年夏号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金持ちの家へよく行くヒーラー とある「木」が存在すると指摘
時計の選択は“大人のたしなみ”の成熟度を物語る
イチローは何位?自分が世界で何番目の金持ちか分かるサイト

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP