ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iFixitで新型Nexus 7の分解レポートが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iFixitで「Chromecast」に続き、新型Nexus 7の分解レポートが公開されました。今回分解されたのはWi-Fi Onlyの16GBモデル。同社は、新型Nexus 7の修理のしやすさを示すスコアを10段階中の7(10が最も修理しやすい)としました。分解レポートの中では、スペックシートに記されていないバッテリー容量が、3.8V/15Wh(約3,950mAh)であるこことが判明しました。使用されている主要部品については、プロセッサはQualcomm製APQ8064、RAMはElpida製J4216EFBG 512MB✗4 DDR3L SDRAMでトータル2GB、Analogix製SlimPortトランスミッタ「ANX7808」、TI製ワイヤレス充電モジュール「BQ51013B」、Qualcomm Atheros製ワイヤレスモジュール「WCN35660」(IEEE802.11a/b/g/n、Blueooth 4.0 BR/EDR+BLE、FM)、SKハイニックス製16GB NANDフラッシュ「H26M51003EQR」、Qualcomm製Quick Charge対応バッテリー管理IC「PM8921」が使用されていることも判明しました。Source : iFixit



(juggly.cn)記事関連リンク
Canonical、Nexus 4を使用した「Ubuntu for Android」のデモ動画を公開
Android 4.3(JSS15J)ベースのCyanogenMod 10.2非公式版がGalaxy Nexus、Nexus 4、Nexus 10向けに配布中
Android 4.3に対応したGAppsパッケージが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP