ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚式費用の日本一は群馬 派手婚イメージの愛知は平均以下

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「派手婚」といえば、愛知県のイメージがあるが、実際は違う。本誌は様々な統計から結婚式にかける金額を調査したが、以下の結果に。

●結婚式費用日本一は「愛知」ではなく「群馬」
(1位=群馬、2位=秋田、3位=山梨、4位=福島、5位=佐賀)

 群馬が結婚式にかける平均費用は443万円で、全国平均の289万円をはるかに上回る。

 ガラス張りのトラックに嫁入り道具を乗せ、花嫁が大名行列する「派手婚」で知られる愛知は意外にも全国平均以下(約285万円)だった。

 結婚情報誌『ゼクシィ』を発行するリクルートマーケティングパートナーズが調査した、「披露宴にかける費用の総額」(2012年)でも、群馬、栃木、茨城の北関東3県は383万円で、全国平均(344万円)を上回った(ちなみに本ランキングでも栃木は6位)。

 この3県の招待客数は平均79人で全国平均の73人よりも多い。

「北関東の人は親戚や地縁を大切にするので、招待客が増え、料理にも出費を惜しまない傾向があります。見栄を張るというよりは、一人一人のもてなしを重視するのです」(群馬のホテル関係者)

 一方、最下位は兵庫の153万円で、京都が168万円で続く。人生の晴れ舞台でも、“シブチン”な関西人気質が現われているのだろうか。

※週刊ポスト2013年8月2日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
首都圏の葬儀費用は平均256万円で近畿地区より40%高い
【道州制変化予測・北関東州】東京に近い川口市の地価上昇か
半額結婚式の“スマ婚” メイク、カメラ等社員数名掛け持ち

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP