ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.3にアプリのアクセス権限を個別に無効化できる機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日発表されたAndroid新バージョン「Android 4.3(Jelly Bean)」に、Androidアプリの「アクセス権限」を管理できる機能が実装されていたことが判明しました。Androidアプリのほとんどはアプリの機能を実現するために端末の各種機能へのアクセス許可を要求します。Android 4.3に実装されたアクセス権限の管理機能では、インストールされたすべてのアプリのアクセス権限を表示するこのほか、各アプリが要求するアクセス権限を種類別に無効にすることができます。この機能によって、例えば、単なるゲームアプリなのにSMSの送受信権限を持っている場合、念の為にOFFにしてアクセスを拒否することが可能になります。現在のところ、アプリのアクセス権限管理機能は隠された状態となっており、設定メニューなどから起動することはできませんが、Google Playストアで配信されている「Permission Manager」をインストールすれば利用できるようになります。「Permission Manager」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
米国のGoogle Playストアでも新型Nexus 7の販売が開始
Android 4.3は4K解像度にも対応
Android版「Googleハングアウト」がv1.1にアップデート、絵文字数が拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。