ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.3ベースのCyanogenModは「CyanogenMod 10.2」として提供される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidベースのカスタムROMの中では有名な「CyanogenMod」のAndroid 4.3バージョンは「CyanogenMod 10.2」となるようです。CyanogenModの開発チームを率いるSteve Kondik氏がGoogle+でそのことを明らかにしました。「Android 4.3」はJelly Beanの最新メンテナンスリリースとなるバージョンで、「制限付きプロフィール」機能やWi-Fi OFF時のスキャンモードの追加、Bluetooth v4.0/LE、OpenGL ES3.0への対応化など、様々な部分で機能が強化されています。すでにソースコードはAndroid Open Source Project(AOSP)にリリースされており、ソースコードを使ってROMを作成することができる状況となっています。今回はAndroid 4.3ベースのCyanogenModバージョンが「CyanogenMod 10.2」に決定しただけで、ROMはまだ提供されておらず、Nightlyビルドを含めて提供時期も明らかにされていません。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenModの開発チーム、“Nemesis”プロジェクト第1弾としてカメラアプリ“Focal”をリリース予定
HTC One用「MoDaCo Switch」のベータ版がリリース、Galaxy S 4 GT-I9505用も開発される予定
Galaxy Note次期モデルの画面サイズは5.7インチで、LTE版はSnapdragon 800を採用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。