ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【調査】ホラー体験では「思わず手を握りたい・握られたい」と期待している!?みんなの本音が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑い夏には、背筋が凍るようなホラー映画を観たり、肝試しやお化け屋敷などホラー体験に挑戦したりする機会が増えるもの。巷では、意中の人とそんなホラー体験を共有し、急接近を狙っている人もいるかと思うが、実際みんなはホラー体験をどう感じているのだろうか?

今回は、東京ジョイポリス(http://tokyo-joypolis.com/)が、18歳~25歳の男女1000人を対象におこなった「ホラー体験に関する調査」をもとに、みんなの本音を見ていこう。

まず、テーマパークでのホラー体験について聞いてみたところ、上位から「自分からはあまり体験しない」(41.7%)、「自分からは絶対に体験しない」(31.6%)となり、“やっぱりコワイものは苦手…”という人がかなり多い様子。しかし、そのうち約8割の人が「好意を持つ異性の同行者からホラーアトラクションに誘われた場合、体験するか」という質問には前向きな姿勢を示している。

実際、「異性と一緒に映画やテーマパークでホラー体験をすることで距離が縮まると思うか」との質問には、「思う」との回答が61.7%と過半数を占め、恋愛成就の期待を込めてホラー体験に挑戦する人は少なくないようだ。

では、具体的にはどんなことを期待しているのかというと、「思わず手を握る・握られたい」(23.5%)、「急に抱きつく・抱きつかれたい」(20.2%)という身体的な接触(43.7%)と、「心理的に頼りたい・頼られたい」(28.7%)、「相手の反応をうかがいたい」(23.4%)という心理的な接近(52.1%)が拮抗する結果となった。

ちなみに、ホラーアトラクションで仲良くなりたい異性の芸能人を見てみると、女性回答は1位「向井理」、2位「三浦春馬」、3位「櫻井翔(嵐)」となり、爽やかで頼りがいのありそうな男性が人気の様子。男性回答は、1位「新垣結衣」、2位「堀北真希」、3位「本田翼」で、明るく元気なイメージの女性に頼られてみたい、という男心があらわれているようだ。

なお、この調査をおこなった東京ジョイポリスは、東京・台場に展開する国内最大級の屋内型テーマパークで、7月27日に新アトラクション「貞子3D2 貞子の子」をオープンする。同アトラクションは、映画「貞子3D2」に登場するさまざまな恐怖シーンを巡るウォークスルー型のホラーアトラクション。意中の人との距離を縮めたい人は、是非デートプランに入れてみては?新アトラクションの下調べはこちら(http://tokyo-joypolis.com/attraction/3rd/sadako.html)で!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP