ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タワー×MWAMキュレート公演〈Bowline〉にKen Yokoyama追加! YouTube番組〈ガゥガゥBowline(仮)〉スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

10月27日(日)に神奈川・横浜アリーナで行うタワーレコード主催の新たな音楽イヴェント〈TOWER RECORDS presents Bowline(ボウライン) 2013〉。その追加出演アーティストを発表します!

 


Ken Yokoyama(写真左下)

 

オオカミ・バンドとしてお馴染みのMAN WITH A MISSIONをキュレーターに迎え、〈肉食〉をテーマにラインナップを選出している今回のイヴェント。このたび、Hi-STANDARDのメンバーとして知られるKen Yokoyama(横山健)の参加が決定しました。出演者はさらに追加の予定です。

イヴェントおよび各出演アーティストのオフィシャルサイトでは、本日7月25日から8月4日までチケットの2次先行受け付けを実施。また、タワーの対象店舗で出演アクトの商品をご購入いただいた方に先着で〈Bowlineロゴステッカー〉を差し上げ、抽選で4名さまにアーティストのサイン入りスペシャルTシャツをプレゼントする〈Bowline〉のキャンペーン第2弾が8月5日にスタート。詳しくは下記の案内にてご確認をどうぞ!

 

 

また、タワーのYouTube公式チャンネルにて、マンウィズのジャン・ケン・ジョニーによる新番組「ジャン・ケン・ジョニーのガゥガゥBowline(仮)」の〈Vol.1〉を本日12:00に公開。こちらは〈Bowline〉出演アーティストが毎回1組登場するもので、ジョニーが彼らのもとを訪ね、出演のお礼を兼ねてゲストを紹介する〈突撃紹介ミッション〉、〈タワーレコードタオル〉から始まる物々交換で出演者のお宝グッズをゲットし、最終回にはグッズの視聴者プレゼントも予定している〈わらしべミッション〉という2つのミッションを遂行する内容となっています。なお、タワーのフリーマガジン〈tower+〉8月10日発行号より番組レポートの連載も開始の予定。ぜひチェックしてください!

★タワーレコードYouTube公式チャンネルはこちらから
★〈Bowline〉特設サイトはこちらから

 

〈TOWER RECORDS presents Bowline 2013〉
日時/会場:10月27日(日) 神奈川・横浜アリーナ
開場/開演:10:30/12:30
キュレーター:MAN WITH A MISSION & TOWER RECORDS
出演:MAN WITH A MISSION、Ken Yokoyama、BRAHMAN、10-FEET、SiM、CROSSFAITH ほか
チケット代:センタースタンディングブロック指定・指定席 前売 6,500円(税込)
※センタースタンディングブロック指定は未就学児童入場不可、指定席は3歳以上要チケット

〈Bowline〉オフィシャルサイト&各アーティストHP先行受付
受付期間:7月25日(木)~8月4日(日) ※順次更新予定
・Bowline (http://www.bowlinelive.jp
・MAN WITH A MISSION (http://www.mwamjapan.info/
・Ken Yokoyama (http://www.pizzaofdeath.com/
・BRAHMAN (http://www.brahman-tc.com/
・10-FEET (http://www.10-feet.com/
・SiM (http://sxixm.com/
・CROSSFAITH (http://www.crossfaith.jp/)”

 

〈Bowline2013 キャンペーン第2弾〉
開催期間:8月5日(月)~9月8日(日)
開催店舗:
タワーレコード札幌ピヴォ店、仙台パルコ店、渋谷店、池袋店、新宿店、秋葉原店、名古屋パルコ店、名古屋近鉄パッセ店、梅田大阪マルビル店、難波店、梅田NU茶屋町店、京都店、神戸店、広島店、福岡店、TOWER RECORDS ONLINE
内容:
〈Bowline 2013〉出演アーティストの対象商品を上記キャンペーン開催店舗にてお買上げの方に、先着で〈Bowlineロゴステッカー〉をプレゼント。さらに抽選で4名さまに、出演アーティストのサイン入りスペシャルTシャツをプレゼントします。

 

・「ジャン・ケン・ジョニーのガゥガゥBowline(仮)」Vol.1

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP