ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが$35のスティック型HDMIアダプタ『Chromecast』を発売開始、YouTubeやGoogle Playなどの動画・音楽をテレビで再生できる、サードパーティーアプリも対応可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Googleは米国時間7月24日、『Chromecast』と呼ばれるテレビ用アダプタを発表し、同日より米国で発売しました。

『Chromecast』はHDMI出力端子を備えたスティックタイプのテレビアダプタです。それをHDMI対応テレビや外部ディスプレーに接続すると、スマートフォンやタブレット、『Chrome』ブラウザで再生した『YouTube』動画や『Google Play』の映像・音楽、『Chrome』ブラウザのタブの表示内容をワイヤレスで受信し、テレビなどの画面上に表示するというものです。今は亡き『Nexus Q』をテレビアダプタ化したような製品です(対応機器や機能は『Chromecast』の方が上ですが)。


『YouTube』動画を視聴中にはアプリ上に『AirPlay』のような「Cast」ボタンが表示され、タップすると視聴している動画がテレビ画面上で再生されます。この時、操作元(スマートフォンやタブレットなど)は『YouTube』アプリを閉じて別のアプリを利用したり、スリープ中でもテレビでの再生は継続されます。バックグラウンド対応ということです。また、デスクトップ版『Chrome』からも「Cast」ボタンをクリックすることでテレビ画面上で再生できます。


『Chromecast』は『YouTube』のほか、『Google Playムービー』の動画、『Google Playミュージック』の音楽、『Chromecast』対応アプリ(すでに『Netflix』と『Pandora』が対応済み)の動画・音楽の再生にも対応。さらに、デスクトップ版『Chrome』ブラウザのタブを「Cast」ボタンでミラーリングすることもできます(現在はベータ機能らしい)。

『Chroecast』の米国価格は$35です。発売予定日は本日(米国時間24日)で、『Google Play』、Amazon.com、BestBuy.comを通じて販売されます。米国以外での発売予定については「できるだけ速く」とのことです。新型『Nexus 7』のように発売予定国は発表されませんでした。

『Chromecast』のスペック。本体サイズは72mm x 35mm x 12mm、質量は34g。IEEE 802.11 b/g/n対応。給電はmicroUSB経由、サポートOSはAndroid 2.3以上、iOS 6以上、Windows 7以上、Mac OS 10.7以上(Chromebookシリーズも今後サポートされる予定です)。
Source : GoogleGoogle Playストア商品ページ



(juggly.cn)記事関連リンク
「Google Playミュージック」と「Google Playムービー」のAndroidアプリがアップデート、「Chromecast」に対応
Google、Galaxy Nexus/Nexus 4/Nexus 7/Nexus 10のAndroid 4.3アップデートを本日より開始、ファクトリーイメージはすでに公開
ファクタスデザイン、ジュラルミンやイタリア製素材を使用した「Xperia A SO-04E」用高級ジャケット「Wing for XPERIA A」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP