ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Androidの新バージョン「Android 4.3(Jelly Bean)」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは米国時間7月24日、Android OSの新バージョン「Android 4.3」を正式に発表しました。Android 4.3はコードネーム“Jelly Bean”を持つAndroid 4.1/4.2のアップデート版ですが、APIレベルは18に上がりました。Android 4.3は同日発表された新型Nexus 7に標準で搭載されています。既存のNexusデバイスへの提供時期については、Galaxy Nexus、Nexus 4、Nexus 7(旧型)、Nexus 10に対して本日よりJWR66Vへのアップデートが配信される予定です。ファクトリーイメージがすでに公開されているので、アップデートが降ってくるのを待ちきれない場合は、ファクトリーイメージを使ってファームウェアを書き換えれば利用できるようになります(本体は初期化されますが・・・)。Android 4.3では、Project Butterを改善してタッチレスポンスや描画性能を向上、複数のCPUコアを使って特定のタスクをマルチスレッド処理する機能を追加するなどしてパフォーマンスを強化したほか、以下のような機能が追加されています。 Bluetooth Smart(Bluetooth v4.0/LE)をネイティブサポートBluetooth Smartは低消費電力で通信するBluetoothのバージョンで、心拍センサーやリストバンド型活動計など電池容量が少ない機器でよく採用されています。こういった機器との通信も可能になるというわけです。 Bluetooth AVRCP 1.3プロファイルをサポート グラフィックスAPI「OpenGL ES 3.0」をサポート マルチユーザー機能にユーザー単位で機能やアプリの利用などを制限できるプロファイル機能(Restricted Profiles)機能が追加 DRM API機能を追加メディアのストリーミングプロトコルに著作権保護機能を容易に追加できる機能 Wi-Fiスキャンモードオプションの追加Wi-FiがOFFの場合でも、バックグラウンドでWi-Fiによる位置情報の取得を継続する カメラアプリの刷新 ダイヤルパッドのオートコンプリート機能追加Source : GooglePlatform Highlights



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「AQUOS PAD SH-08E」を8月2日に発売予定、26日より予約受付を開始
HTCとSamsungが既存モデルのAndroid 4.3アップデートについてコメントしたらしい
NTTドコモなど、IEEE802.11acによる公衆無線LANサービスのトライアルを8月下旬より東京メトロ表参道駅の駅チカ商業施設で実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP