ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NVIDIA、次期Tegraプロセッサ“Project Logan”に搭載するGPU「Mobile Kepler」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NVIDIAは7月24日、米国で開催中の「SIGGRAPH 2013」で同社のモバイル向けプロセッサ“Tegra”の次期モデル「Project Logan」に搭載するGPU「Mobile Kepler」を発表しました。「Project Logan」は2014年に登場する予定のTegraプロセッサ(Tegra 5になるでしょうね)。今回発表された「Mobile Kepler」はそのSoCに搭載される予定のGPUで、デスクトップ向けGPUの現在主流のGeForce 600シリーズの”Kepler”アーキテクチャーをベースにモバイル向けに最適化。GPUは192個内蔵しており、パフォーマンスはiPad 4と比較すると数倍、2006年に登場したPC向けGeForce 8800 GTXよりも高いとされています。「Mobile Kepler」はGPUコアを利用した汎用コンピューティング技術(CUDA)に対応するほか、OpenGL ES 3.0、OpenGL 4.4、DirectX 11、にも対応。GeForce GTX TITANと同じグラフィックスAPIをサポートし、消費電力は125分の1にまで抑えられています。NVIDIAは「SIGGRAPH 2013」のプライベートイベントの中でProject Loganを搭載したAndroidタブレットでいくつかのデモを実施。次はGTC 2013でも行われたFaceWorks “Ira”のデモ。NVIDIAによると、このデモを実行している最中の消費電力は2~3Wとのこと。次はMobile Kepler Islandのデモ。Source : NVIDIAAnandTech



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Nexus 10後継機を開発中?
NTTドコモ、「Galaxy S 4 SC-04E」のアップデートを開始、ギャラリーアプリが開けない事象に対処
「Google Playミュージック」と「Google Playムービー」のAndroidアプリがアップデート、「Chromecast」に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP