ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サントリーの『ジムビーム』で自分の声の“ディカプリオ度”が測れるサイトが公開!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


サントリーが発売するウィスキー『ジムビーム』のウェブサイトに面白いコンテンツが登場。『ジムビーム』のCMに起用されているレオナルド・ディカプリオが言うセリフ「クールバーボン ジムビーム!」のセリフをしゃべると、しゃべった声の“ディカプリオ度”を判定してくれるサービスである。

『クールバーボン ボイスチェッカー』は、AndroidやiPhoneなどからアクセスできるウェブサイト。サイトにはCM動画のお手本が置いてあるのでそれを見て練習するもよし、お手本なしの一発勝負をするもよしだ。

スタートすると通話画面になり自動的に電話がかけられる。ディカプリオの吹き替え声優である浪川大輔さんの案内に従い「ピー」と言う音が聞こえたら「クールバーボン、ジムビーム」と言うだけ。終わったら通話を終了してウェブ画面に戻り波形を解析してクールボイス度を判定。

ちなみにディカプリオの吹き替え音声には複数パターンがあるようだ。どれが流れるかはランダムなので何度か挑戦してみても面白いだろう。

サイトにあるディカプリオの音声の波形と比較するので、できるだけ動画の話し方を真似して「クールバーボン、ジムビーム」と言ってみるように心がけよう。

10段階評価で判定され、それぞれ色気、情熱、切れ味、活力、リズムの5項目にそれぞれ100点満点ずつ与えられる。それぞれのディカプリオ度には階級があり、レベル1の場合は「モノマネが上手な九官鳥級」、レベル7の場合は「バイリンガルラジオDJ級」、レベル8の場合は「全米ドラマ俳優級」、そしてレベル10の場合は「ハリウッドスター級」という称号が与えられる。ちなみに筆者が試した時はレベル8であった。

また先ほどの5つの項目である色気、情熱、切れ味、活力、リズムは次のように決められている。

色気 …… 低音成分から分析
情熱 …… 音程から分析
切れ味 …… 発音の明瞭さから分析
活力 …… 音量から分析
リズム …… 発音のタイミングから分析

これらを全て踏まえればレベル10も夢ではないはず。

またボイスチェックをした人の中から抽選で1組2名をハリウッド周遊3泊5日の旅に招待。さらに100名に『ジムビーム』&『ジムビームブラック』をプレゼント。ディカプリオのモノマネをしていてハリウッドに行きたくなった人は応募してみてはどうだろうか。みんなもディカプリオ度レベル10を目指そう!

クールバーボンボイスチェッカー(スマートフォン専用サイト)
http://www.coolbourbon.jp/




※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP