ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

那覇市、誰でも利用できる無料の公衆無線LANサービスを8月4日に提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

沖縄県那覇市は7月24日、那覇市内にて誰でも無料で利用できる公衆無線LANサービスを2013年8月4日より提供開始すると発表しました。同サービスは、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどのWi-Fi対応機器で無線LANによるインターネットアクセスを無料で利用できるサービス。国内観光客および外国人観光客の受入環境の充実化、利便性・快適性の向上、中心市街地の活性化を目的として開始されます。サービスは海外の観光客向けに英語、韓国語、中国語(簡体及び繁体))にも対応しています。また、サービス開始当日は現在地周辺の店舗情報をリアルタイムに提供するポータルサイト「NAHAPO(なはぽ)」(http://nahapo.jp/ )がオープンする予定で、サイト内では、公衆無線LANサービスの利用登録のほか、中心市街地を回遊するスマートフォンアプリやGPS連動情報案内などのサービスの提供も開始されます。公衆無線LANサービスの提供エリアは、サービス開始時点では、那覇市内の主要観光スポットを中心に115スポット。国際通り及び周辺地域(平和通り、第一公設市場等含む)、那覇空港、若狭バース近辺、那覇バスターミナル近辺、沖縄県立博物館・美術館近辺、首里城近辺(龍譚池通り)、識名園近辺、沖縄セルラースタジアム那覇、泊港など。Source : 那覇市



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexusデバイスの日本向け公式サイトに新型Nexus 7が登場
Googleが$35のスティック型HDMIアダプタ「Chromecast」を発売開始、YouTubeやGoogle Playなどの動画・音楽をテレビで再生できる、サードパーティアプリも対応可能
Google、Androidの新バージョン「Android 4.3(Jelly Bean)」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。