ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

海外でも"キラキラネーム"増加 「カラオケ」ちゃん 「寿司」ちゃん 「アルコール中毒」ちゃん

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 泡姫、美俺、黄熊、波波波、苺苺苺。あなたはこれらの名前を正確に読めるだろうか。順に、ありえる、びおれ、ぷう、さんば、まりなる、と読むそうだ。近年、日本でこういった「キラキラネーム」と呼ばれる奇抜な名前を自分の子どもにつける親が増えているが、国内のみならず、海外でも子どもに奇抜な名前を付ける親が増えているという。

 米国では、1950年には約30%の赤ちゃんがランキングトップ10に入る名前を名付けられていたが、現在その割合は10%未満に縮小。名前の多様化は世界中で進んでいるようだ。英テレグラフ紙オンライン版は、赤ちゃんと親のための情報サイトTheBabyWebsite.comが2010年に行った「英米で最も不幸な名前」の調査結果を公開している。ここで一部を紹介する。

Jo King(=Joking ジョーク)
Barry Cade(=Barricade バリケード)
Carrie Oakey(=Karaoke カラオケ)
Tim Burr(=Timber 材木)
Mary Christmas(メリークリスマス)
Hazel Nutt(=Hazelnut ヘーゼルナッツ)

 このほかにも、Sue Shi(=Sushi 寿司)、Stu Pitt(=stupid 馬鹿)、Minnie Skurt(=mini skirt ミニスカート)、Hammond Eggs(=ham and eggs ハムと卵)、Eve Hill(=evil 邪悪な)、Ben Crobbery(=bank robbery 銀行泥棒)、Al Kaholic(=alcoholic アルコール中毒)といった名前があるそうだ。

 TheBabyWebsite.comは、「こういった名前を子どもたちに付ける親の多くは、名付けるとき、その名前の意味についておそらく気付いてさえいない」とコメント。さらに「子どもたちが自己紹介をするとき、途方もない恥ずかしさに襲われるに違いない」「幼少時はそれでいいかもしれないが、彼らが大人になったとき、ものすごく残念に思うだろう」と苦言を呈している。

 また、親が子どもの名前の(ネット上の)ドメインを購入するサイトYourBabyDomainName.comの調査によると、最低でも8%の親が子どもに名付けた名前を後悔しているという。理由は、トレンドに乗りすぎている、スペルが気に食わない、誰も正しく発音できないからなどだそうだ。名前は一生付きまとうものだ。流行や気分などに惑わされず、冷静に子どもの将来まで考えて名付けるべきだろう。

◇関連サイト
・英テレグラフ Barb Dwyer: Britain’s ’most unfortunate names’ disclosed in new survey
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/7324379/Barb-Dwyer-Britains-most-unfortunate-names-disclosed-in-new-survey.html
・TheBabyWebsite.com Silly Name
http://www.thebabywebsite.com/article.1792.Silly_Names.htm

(中村真里江)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。