ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型Nexus 7の確からしいハードウェア情報、Snapdragon S4 Pro、2GB RAM、Android 4.3を搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まもなく発表を迎える新型Nexus 7のハードウェア仕様の一部に関する確からしい情報が米国のブログ Android Policeで公開されました。今回の情報は、CPU-ZやAntutuベンチマーク、Quadrantベンチマークなどのアプリが読み取ったもので、それらのスクリーンショットより新型Nexus 7の内部情報を確認することができます。ブートローダーの写真とCPU-Zのスクリーンショットから、新型Nexus 7のデバイス名は“Flo”、プロダクト名は“Razor”であることがわかります。また、CPU-Zの各スクリーンショットから、SoCはSnapdragon S4 Pro APQ8064T 1.5GHz(Adreno 320)を搭載。ディスプレイ解像度は“1200×1824”(システムバー用のピクセル数を考えると、物理的には1,920✗1,200ピクセルと考えられます)。RAMは1842MB(物理的には2GB?)、内蔵ストレージの容量は26.11GB(この端末は32GBモデル?)。Quadrantベンチマークのトータルスコアが5,501点、Antutuのトータルスコアが19,883点であるところを見ると、SoCはSnapdragon 600ではなくSnapdragon S4 Proと考えられます(Snapdragon 600の場合、Quadrantは1万前後、Antutuは23,000以上の高いスコアを出しますからね)。

Source : Android Police



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、第2世代「Nexus 7」を正式発表、新バージョン「Android 4.3」を搭載した7インチフルHDタブレット、日本でも発売予定
Android向け「Gガイド番組表」がv5.0にアップデート、アプリUIが一新、放送開始のプッシュ通知機能が追加、検索機能が統合
米Verizon、「Droid Ultra」の従業員向け限定版を発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP