ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お家で“夏フェス”を満喫する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽好きにとって、夏の風物詩といえば“夏フェス”。すでに、行くことを決めた人がいる一方で、迷っているうちにチケットが売り切れてしまったり、行きたくても仕事が忙しくて調整がつかなかったりで、残念ながら参加できないという人も多いのでは? そんな人にオススメなのが、家にいながら、手軽にフェスを楽しむ“家フェス”だ。今年、WOWOWでは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013」と「SUMMER SONIC 2013」の生放送が決定! そこで今回は、ナビゲーターを務めるホラン千秋さんに、番組に対する意気込みと、家でフェスを楽しむ方法について聞いてみた。

【画像や図表を見る】

~ 気の合う仲間と“お家夏フェス”で盛り上がれ! ~

− 家で夏フェスの生中継を観ながら、フェス気分を満喫するのにオススメの方法は?

「私もやったことがあるのですが、気の合う仲間で集まって、料理やお酒を楽しみながらテレビで夏フェスを鑑賞するんです。ずーっと、テレビの前にいるわけじゃなく、観たいアーティストが出てきたらじっくり観て、そうじゃない時はフェスの演奏を聴きながら仲間と談笑してゆったり過ごすのがオススメ。さらにビールでもあれば、フェスの雰囲気を思いっきり満喫できると思いますよ。最近はスーパーなどでエスニック料理の材料が売っているので、“フェス飯作り”にチャレンジしてみるのもいいかもしれないですね。さらにフェス気分を楽しめるはずです!」

− 夏フェスならではの楽しみ方は?

「今年は、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』『SUMMER SONIC 2013』ともに出演アーティストが超豪華!好きなアーティストを中心に観るのはもちろんいいと思いますが、ひとつの会場にこれだけ多くのジャンルのアーティストが出演することもなかなかないので、普段は聴かないジャンルに挑戦してみるのもアリだと思います。また、世代を超えて楽しむことができるのも音楽の魅力。何十年も活動を続けているバンドなら、どの時代の曲を聴いていたかで話が盛り上がるハズです!」

− 最後に番組に対する意気込みをどうぞ!

「今回、私はWOWOWフェスナビゲーターとして『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』ではMCを、『SUMMER SONIC 2013』ではインタビューとレポートを担当します。音楽とお祭りが大好きな私としては、今回の二大フェスは今からとっても楽しみにしているイベントです。バックステージからアーティストの生の声をレポートしたり、ライブパフォーマンス以外にも楽しめる要素が盛りだくさんになる予定です。夏フェスに行っているかのような臨場感たっぷりの情報をお届けするので、ぜひ一緒に盛り上がってくれたらうれしいですね!」
(R25編集部)

お家で“夏フェス”を満喫する方法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP