ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワコム、フルHDディスプレイとTegra 4を搭載したAndroidタブレット“Cintiq Companion Hybrid 13HD”を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GFX Benchmarkの公式サイトで「Wacom Cintiq 13HD」というワコム製品を名乗るAndroid端末のテスト結果が見つかりました。端末名は「Cintiq 13HD」と表示されていますが、この名前の製品は今年4月に13.3インチフルHDのIPS液晶を搭載したペンタブレットとして発売されています。しかし、Fingerprint情報を見ると、「CintiqCompanionHybrid13HD」という別名を確認できます。「Cintiq 13HD」をベースにしたAndroid搭載モデルなのかもしれません。ワコム(の米国法人)は今年3月上旬、Facebookを通じて“感圧ペンとマルチタッチ対応のHDディスプレイを備えたプロ仕様のモバイルタブレットを発表する”と予告していました。今回の「CintiqCompanionHybrid13HD」が予告していたモバイルタブレットなのかもしれません。OSはAndroid 4.2.1(JOP40D)が搭載されているようです。同サイトで確認できるスペックは、1920 x 1032ピクセルのディスプレイ(48ピクセルがシステムバーに割り当てられているようです)、51~1810MHz駆動のCPUと“NVIDIA Tegra” GPUを搭載。ベンチマークスコアのランキングが13位とかなり上位なところを見ると、SoCはTegra 4と予想されます。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、4.3インチ・Snapdragon 200クアッドコアを搭載した「HTC Desire 500」を発表
NTTドコモ、Google Playとdマーケットに対応した「らくらくスマートフォンプレミアム F-09E」を発表
HTC、“新興デバイス”に関する新部門を社内に創設

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP