ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「ARROWS A 202F」のソフトウェアアップデートを開始、フルセグ・ワンセグ切替時の問題や海外への電話発信時の問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは7月22日、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS A 202F」のソフトウェアアップデートを開始しました。202F初のアップデートでは、特定の条件下でフルセグとワンセグの切り替えを行うと、チャンネルリストが更新されない事象、海外の特定国・地域に電話をかけようとしても、電話番号が正常に入力されない事象が解消されるそうです。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能。202Fの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「ソフトウェア更新」→「データ取得開始」をタップすることで、手動でアップデート処理を実行できます。アップデート後のソフトウェアビルドは「V17R47F」。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、GPUをARM Mali-T628MP6に改装した新8コアプロセッサ「Exynos 5420」を発表
「Moto X」のカメラアプリのスクリーンショットが流出、Quick Capture機能や様々なジェスチャー機能の実装が確認される
NTTドコモ、「AQUOS PHONE si SH-07E」と「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。