ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ひたちなか海浜鉄道、夏休みイベント用に設置したスタンプ盗難「早く返して」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

茨城県ひたちなか市に本社を置く、第三セクター方式の鉄道事業者「ひたちなか海浜鉄道」が公式Twitterを通じ、阿字ヶ浦駅に設置された駅名スタンプが何者かによって盗まれた被害を報告している。

【関連:中央東線の知る人ぞ知る和菓子~笹子餅のおはなし~】

ひたちなか海浜鉄道の広報の方に電話で伺ったところ、今回盗まれたスタンプは7月20日から9月1日までの期間、地元の子供達を対象に実施するイベント用に7月19日に設置したばかりだったという。盗まれたのは21日で、わずか3日程度で盗まれたことになる。

設置されていたスタンプは昨年前身である湊鉄道から開業99周年を記念して作られたもので、同じものの予備はないという。そのため、現在は以前使っていた古いスタンプを代替えとして設置しつつ、同じスタンプの注文を急いでいるとのこと。

ただ、1個あたりの値段は8千円程度とそこまで高くはないものの、発注から納品まで2~3週間ほどかかるそうで、もしかすると9月1日までのイベント期間中の半分は使用できない可能性がある。

そのため、担当者の方は「スタンプを楽しみにする子供達のためにも一刻も早い返還を望んでいる」と犯人に向け呼びかけている。

なお、目撃者や情報を知る方は那珂湊駅もしくはひたちなか東警察署へ連絡して欲しいとのこと。夏休み「ひたちなか海浜鉄道」で小さな旅を楽しみにしている子供達のためにも一刻も早い返還が望まれる。

▽ひたちなか海浜鉄道
http://www.hitachinaka-rail.co.jp/

▽公式Twitter
@minatoline

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP