ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

慶応卒の元銀行員 2年で退社し38歳の今も家にひきこもり中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月12日、読売新聞の「人生案内」に〈定職に就かない30代長男〉という60代主婦の相談が載った。

〈30代の長男と2人で暮らしていますが、息子の将来が心配です。(中略)息子に、ちゃんとした仕事に就いて、10万円くらいは家に入れてもらいたいと何度も言っているのですが、変わりません。(中略)今は年金と貯金を崩して、生活費を全部、私が払っています。父親がいなくなったのに、何も変わらないままの息子の態度が情けなくて、泣きたくなります〉

 そうした働かない子供たちの問題を、『週刊ポスト』は過去2回にわたり取り上げてきた。

【「働かない、働けない息子と娘」に今すべきこと、してはいけないこと】(6月28日号)、【働かない、結婚しない、家から出ないわが子をどうしたら?】(7月12日号)は、いずれも大きな反響を呼んだ。

 読売新聞への投書は特別な例ではない。本誌編集部にも同様の悩みを抱える親からの電話が相次いでいる。誰にも相談できず、人知れず悩んでいる親がいかに多いことか。そして、月日が経つうちに事態はより深刻化していく。まずは「高年齢化」だ。

 神奈川県の開業医Aさん(69)の息子(38)は医師の道には進まなかったものの、慶応義塾大学を卒業後、大手都銀に入行。エリートコースを歩んでいた。

 ところが入社2年後から、出社拒否をするようになった。理由は明かさない。その後、“ウツになった”といい、会社を退職して、ひきこもるようになった。

 しばらくして再就職活動を始めるも、一流企業志向が邪魔をして、なかなか就職先が決まらない。上手くいかない日々に思い悩み、また部屋に閉じこもる悪循環に陥った。結局、彼は38歳の今も家にひきこもったままだ。

 Aさんは息子が働く気になるまで見守ることを決意。相続税の負担を軽減するためにも、生前贈与を考え始めている。

 30代後半といえば、社会ではまさに働き盛り。実家で親に面倒を見てもらう年齢ではない。

※週刊ポスト2013年8月2日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
伊坂幸太郎文庫新刊はひきこもり息子を“悪魔祓い”する話
引きこもり娘ができ婚 父「娘は外出て彼は外に出してほしい」
肺がんで亡くなったシルヴィアさんを菅原洋一が振り返る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP