ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「ARROWS X F-10D」のソフトウェアアップデートを開始、スリープまでの時間設定機能のバグを修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは7月22日、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」に対してシステムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。NTTドコモの発表によると、F-10Dにはスリープまでの時間設定機能に不具合があり、設定したスリープ時間よりも早く画面が消灯してしまうそうです。今回のアップデートで、この問題が改善されます。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。F-10Dの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」からアップデートを手動で実施することもできます。アップデートにかかる時間は約8分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V22R49C」となります。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、8月7日にニューヨークで開催するイベントで「LG G2」の発表を予告、特設ページもオープン
Canonical、Ubuntu Phone OSとAndroidを搭載したオリジナルスマートフォン「Ubuntu Edge」の開発プロジェクトをオンライン資金調達サイトで開始
Tegra 4を搭載したAndroidベースのハイブリッドノートPC「HP SlateBook X2」の開封動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。