ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

80歳自民党OB 「老人党」結党を提案、党首に元公明・矢野氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自民党の大勝で日本の政治状況は「大政翼賛会」となってしまうのではないか……そんな危惧を抱く4人の政治家OB、村上正邦(元自民、80歳)、矢野絢也(元公明、81歳)、平野貞夫(元民主、77歳)、筆坂秀世(元共産,65歳)が立ち上がった。国会に抵抗勢力がないなら、わしらが抵抗勢力になるしかないとぶち上げた。

矢野:我々の前にまず若い人に頑張ってもらわんと。我々はもう後期高齢者なんですよ。

村上:後期? なんか末期症状のような感じがするけどね(笑い)。

矢野:戦争の末期の経験はしたけどね。我々は徴兵制度で兵隊に行かなくてすんだ。空襲の経験はあるけど、終戦後の闇市なんて結構活気がありましてな。

村上:あの頃は希望があったなぁ……。

矢野:やれ朝鮮動乱だ、やれ学生運動だとガタガタして、高度成長だ、バブルだと来て、いまデフレだと。でも、もう現役じゃない。だから、本当にいい時代を生きてきたと思います。

 でも、いまはもう大変な高齢化社会で、我々は後世に生活環境も年金も医療も含めて多大な国の借金を押しつけてしまった。だから、そういう議論をやらなきゃいけないが、正直言うて、もう我々は一丁あがったという感じでございます。

村上:そうでもないよ。

筆坂:矢野先生は一丁あがった年代だからいいんですけど、僕は団塊の世代真っ只中なんですよね。

村上:まだあがってないよ。

筆坂:僕らがものすごい抵抗感があるのは、これから団塊の世代が70代、80代になっていくと、若い人は大変でおれたちの責任かなと思うわけですよ。しかし、団塊の世代も年金は下げられて大変なんですよ。だから、若い世代と団塊の世代を対決させるような言い方ではなしに、この超高齢社会をどう支えるかっていうことを考えてもらわないと。

矢野:若い世代に押しつけるのは酷ですよ。高齢者も少しは負担しなければ共感が広がらない。何でわしらが支えなあかんねんという議論になりますよ。

村上:だから、いい時代を生きてきた我々老人は、若い連中に負担をかけるんじゃなく、若い連中が希望をもてて、その未来が開けるように力を尽くしていくことを考えていかなきゃならんと思ってるの。いみじくもこの宣言文には、「老驥(ろうぎ)櫪(れき)に伏すとも、志(こころざし)千里に在り」と書いた。

平野:また難しい言葉を。

村上:歳をとった馬が柵につながれてエサばっかり食ってと思われているけど、その馬の志は千里にあり。いざというときには千里を走ってみせるという志を持っているという意味です。

矢野:まあ、元気なことだよなあ(笑い)。

筆坂:この言葉を見ると、種馬を思い出すね。

村上:だからさ、このメンバーで「老人党」を結党しようよ。矢野先生を党首にしてさ。

矢野:……(苦笑)。

村上:みんなまだ現役だから、次の選挙で立候補するんだよ!(一同苦笑)

──最後の抵抗勢力ですね。

矢野:それで何十年も生きたりして。

村上:やっぱりしっかりした政党を作らなきゃ。いまの政党要件は、松、竹、梅と全然違う木を5本、同じ植木鉢に差しさえすれば天から水をもらえるというんだから(*注)。それで国民に信用しろといったって無理な話ですよ。

筆坂:これからはそんな政党は淘汰されていきますよ。

村上:しかし、わが老人党はそんなことないよ!

筆坂:死ぬ以外は淘汰されない(笑い)。

平野:現役の政治家たちは、選挙が怖くて高齢者に向けていい顔しかできないが、老人党だからこそいえるという側面はある。ただ、名前はちょっと変えたほうがいいんじゃない?

筆坂:「後期高齢者党」にしてくれよ。そしたらオレは入らなくてすむから。

【*注】現行の法律が定める政党要件では、国会議員が5人以上所属する政治団体を政党とし、政党交付金が受けられることになっている。

●むらかみ・まさくに:1932年生まれ。1980年に参議院議員初当選。自民党国対委員長、労働大臣、参議院自民党幹事長、参議院議員会長を歴任した。

●やの・じゅんや:1932年生まれ。公明党立党に参加し、1967年に衆議院議員に初当選。公明党書記長、委員長、最高顧問を歴任。

●ふでさか・ひでよ:1948年生まれ。日本共産党入党後、1995年に参議院議員初当選。党中央委員会常任幹部会委員、書記長代行などを務めた。

●ひらの・さだお:1935年生まれ。衆議院事務局に務めた後、1992年に参議院議員初当選。自民党、新進党、自由党、民主党を渡り歩いた。

※週刊ポスト2013年8月2日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
次回選挙も出馬予定の横峯良郎氏 「票の目減りが逆に楽しみ」
丸川珠代 三原じゅん子の自民党内での台頭に愚痴をこぼす
元共産党幹部 大自民党の元総理がポッと出政党になぜ媚びる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP