ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美波が大切にする“余裕”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小林聡美にもたいまさこ、ネコ、さらにおいしそうな食べ物がいっぱいなんて、どこかで見たことのある座組だ。古くは『やっぱり猫が好き』、近年は『かもめ食堂』に『めがね』など、ほんわかした日常を描いた秀作ばかりが思い浮かぶという人は、少なくないハズ。WOWOWでこのたび始まる連続ドラマW『パンとスープとネコ日和』は、いってみればその“系譜”に属する最新作といえそうだ。

【画像や図表を見る】

「そりゃ完成された“世界観”ですし、そのなかに入ることは緊張しますよ。だから、とにかく準備をしましたね。ただ、無理に溶け込もうとする必要はないんだって思っていました。そこにぎこちなさが出たら、それはそれ。そういう面もユキちゃんという役に求められた要素だと思うんです」

ユキちゃんとは美波さんが演じる喫茶ハッピーの店員。自分探しをするイマドキの女の子であり、いってみれば普通の人。だが登場人物の誰もが普通であり、むしろ当たり前の日常を切り取った点が本作の特徴なのだ。突然の母親の死を転機に、編集者の職を辞してパンとスープの店”を始めるアキコ(小林聡美)。それをとりまく商店街の面々。彼らが織りなす空気感は、実に心地いい。いわば、日常や心情の機微を楽しむ作品といえる。

「ただ、それぞれにそれぞれの役割があって、ユキちゃんは『人は移ろいゆくこと』の象徴なのかなって。作品のリズムを変えるスパイスなんだと思います」

作品のなかで自分の立ち位置をしっかり認識して、役に落とし込む。その姿は実に真摯だ。

「普通を描いているだけに、小さいところにはすごくこだわりました。たとえばネックレスも彼氏にもらったものだから小ぶりなものをセレクトしたり、『何かあったな』というのを暗に匂わせるために、口紅の色を変えたり歩き方を変えてみたり。スタイリストさんやヘアメイクさんとも相談しながら、自由にやらせていただいた感じはしています」

役作りは緻密そのもの。…と指摘してみたところ、さも当然とばかりに返ってきたひと言が「だって好きな仕事ですから」。

「ただ、余裕を持つことは常に大切にしていきたいと思っています。時間も準備も。焦っていると、勢いだけになっちゃうので。その反面、余裕があるとすごく楽しめますよね。できあがりはもう、ぜんぜん違うと思います」
(吉州正行)
(R25編集部)

美波が大切にする“余裕”とは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
バックナンバーはコチラ!
桜庭ななみ、主演ドラマで極限状態
深田恭子、“初挑戦”の中身!
初主演?秋月三佳の演技力がスゴい
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP