体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キティもキキララもマイメロもカワイイが溢れすぎ!『サンリオタウン』ピューロランドにオープン【前編】

「世界でいちばん、サンリオな場所。」のキャッチフレーズで7月20日のオープン前から告知されているサンリオピューロランド新エリア『サンリオタウン』。1990年のパークの開業以来、ショーを中心に営業してきたサンリオピューロランド。実は施設の大幅リニューアルは開業以来初めてだそうです! 今回はピューロランドの約1/5をリニューアルし、人気サンリオキャラクターをテーマにしたアトラクションエリアが完成しました。

『サンリオタウン』はハロー・キティ、マイメロディ、リトルツインスターズ(キキ&ララ)を中心に、4つのアトラクションと1つのレストランで展開されています。

「Kawaii×セレブリティ」がテーマの『レディキティハウス』

まずエリアに入ると1階はレストランとなっており、横の螺旋階段を上がるとバロック調の優雅な音楽とバラが溢れるフロア、ハロー・キティの『レディキティハウス』が現れます。

レディキティハウスは、キティのずーっとずーっと前のおばあさん「ローズ・ホワイト」が不思議なバラを開発したご褒美に女王様からプレゼントされたお屋敷を、キティ自身が自分好みに大改造したお家なんです。女王様からいただいたお屋敷を改造しちゃうんなて、世界のキティ、やることが違いますね。

正面には淡いピンクのイチゴの馬車! そして「Kawaii×セレブリティ」をテーマにした内装は女の子が大好きな空間が広がっています。大きく分けて10ゾーンに分かれており、様々な仕掛けでゲストをもてなしてくれます。

シャンデリアが飾られたセレブなエントランスには、アートディレクター吉田ユニさんが手がけたソファと絵画の装飾があり、セレブ気分を盛り上げます。

エントランスを抜けると、思わず埋もれたくなるような、ふわふわのテディベアのゾーン。

右手にはステンドグラスが美しい、塔のバルコニーが現れます。

そして中央にある女の子憧れの“ドレスタワー”は、下の鏡の前に立つとキティのドレスが纏える仕掛け! 動いてもひらひらとドレスが揺れて、本当に着ているような感覚を楽しめます。

こちらの大きなコンパクトや香水瓶も吉田ユニさんが手がけたもの。

茶室を模した和風なゾーンも。茶釜が可愛い~!これにお湯なんていられません。ししおどしまでキティ!

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。