ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オンオフを区切る「布と照明」活用術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家で仕事をしようにも、リラックスしすぎてはかどらない…って経験がある人もいるのでは? 模様替えで改善できないだろうか。

【画像や図表を見る】

「部屋に境目を作り、作業エリアとプライベートエリアを分けるといいでしょう」(窪川さん)

オンオフを区切ろうにも、扉や壁がなかったら難しいのでは?

「そんなことはありません。区切りたい部分にカーテンレールを設置して布を垂らせば、簡単に境目のできあがり。扉や壁ほど圧迫感がないので狭く感じないし、閉めなくてもエリアが分かれている感覚が生まれると思います。作業スペースの目隠しにもなりますよ」

季節ごとに色や素材を変えられる手軽さも、布だからこその魅力といえる。ほかに区切るコツは?

「今回の部屋はオンオフ兼用のテーブルしかなかったので、作業用デスクとイスをプラス。PCをデスクに移動して、きっちり差別化しました。あと、重要なのが照明。仕事エリアは、白い光の蛍光灯で集中力を高められるように。一方、プライベートエリアはリラックスしやすい暖かい色みの白熱灯※を使うといいでしょう。陰影がつきやすい白熱灯はシェードをかけると影がきれいに出て、より雰囲気のある空間になります」

布と照明をうまく活用して部屋を区切り、生活にメリハリを!
※白熱灯は2012年10月に生産終了

有竹亮介(verb)= 取材・文

窪川勝哉さん [ インテリアスタイリスト]
テレビ、雑誌『Men’s Club』『ELLE DECO』などのメディアを中心に、モデルルームのコーディネイトや企業カタログなど、多分野で活躍中。今回は、「2つの部屋は壁の色や質感も違ったので、より明確に区別しやすかったですね」とのこと。
(R25編集部)

オンオフを区切る「布と照明」活用術はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
お部屋の簡単“衣替え”テク
女子ウケするお部屋簡単改造法
部屋やベランダで使えるハンモック
蛍光灯とは何が違う?LEDが照らす照明の未来
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP