ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「フラットデザイン」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年のUI(ユーザーインターフェース)デザインのトレンドともいわれる「フラットデザイン」。質感や立体感のない平面的なデザインのことで、先日アップルが発表した「iOS7」の画面に新たに採用されていることでも話題となった。フラットデザインには、アイコンの陰影などの立体的な表現が消えることにより、タッチすべき場所が分かりづらくなるという懸念点もある。しかし、過剰な装飾やエフェクトが削ぎ落とされたシンプルなデザインは、これまで主流だった写実的なリッチデザインに飽きの来たユーザーからは好評の様子。「iOS7」以外にも、マイクロソフトのWindows Phoneのホーム画面やGoogle Playストアなど、すでに様々な所で活用されている。
(R25編集部)

「フラットデザイン」とははコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
便利!地震の備えアプリの進化
偽装して旅行者を襲う海外窃盗団の手口とは?
無料通話アプリが全盛!?彼との連絡ツール
iPhoneで人生の目標に貯金
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP