体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アキバックス】秋葉原徒歩1分の場所に日本全国の逸品を集めた『ちゃばら』がオープン! 珍しい物が沢山

秋葉原と言えば電気街や無線街、今ではアニメやゲーム、メイド喫茶の街となっているが、かつてJR高架線下には神田青果市場跡があった。そんな高架下に出来た新スポット“ちゃばら”を紹介。ちゃばらはJR東日本都市開発が経営する日本全国の逸品を集めたお店。名前の由来は青果市場の通称「やっちゃ場」と「秋葉原」を合わせた物となっている。

そんなちゃばらに行ってきたので是非ご覧になってほしい。場所は秋葉原駅の電気街口より徒歩1分の場所、改札から出たら既に見えている。ガンダムカフェがあるその先にちゃばらが存在。営業時間は11時から20時までとなっている。

中には全国の名産が陳列されており、実際に試食することも可能。また『ちゃばら』には漢方カフェのCafe de KampohやKURAMOTO STAND.、やなか珈琲館などのイートインも存在する。

中心に目立つようにあるのがピーナッツの千葉県八街産の落花生。そこではピーナッツ加工菓子が置かれており、試食も可能。好きな味だけ買いたい人はその袋を買えば良いが、好きな味を沢山食べたいという欲張りな人は525円で1カップ詰めることができる。ルールとしてはこぼれないようにフタがしまればOK。フタを閉めたらテーピングをしてレジに持って行き会計。記者も実際にここでいろんな味を購入してみた。チョコがビターで美味しいかな。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。