ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、「HTC One」の小型版「HTC One mini」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは7月18日、「HTC One」を小型版となる新型Androidスマートフォン「HTC One mini」を正式に発表しました。「HTC One mini」は、HTCの今年のフラッグシップモデル「HTC One」のデザインをそのままに、本体サイズ・ディスプレイを小型化した機種。「HTC One」の小型版といった製品になります。スペックは「HTC One」よりも下げられていますが、UltraPixelカメラやフロントデュアルスピーカー、TV Senseリモコンを搭載するなど、「HTC One」の特徴的な機能は小型版にも組み込まれています。本体サイズは132mm x 63mm x 9.2mm、質量は128g。「HTC One」よりも縦サイズは5.4mm、横サイズは5mm、厚さは0.1mn短くなり、質量は15gほど軽くなりました。バッテリー容量は1,800mAhです。4.3インチクラスの機種の中では平均的な容量ですね。外装は「HTC One」と同じくフルメタルボディ。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)。HTC独自のUI環境「Sense」は「Sense 5」を搭載しています。機能面は、HTC BlinkFeed、HTC Zoe、HTC TV Sense(テレビリモコン)、HTC BoomSound、Beats Audioなどに対応しています。ディスプレイは4.3インチ1,280✗720ピクセルのSuper LCD2で、ディスプレイパネルにはコーニング社のGorilla Glass 3が採用されています。プロセッサはSnapdragon 400 MSM8930 1.4GHzデュアルコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB。Micro SDカードスロットは搭載されていません。カメラは背面に約400万画素の“UltraPixel”カメラ(F2.0レンズ、HTC ImageChip 2)、前面に160万画素(F2.2のワイドアングルレンズ)を搭載。カメラインタフェースは「HTC One」と同じで、HTC ZoeやVideo Highlights機能にも対応。動画は前後とも最大1080p@30fpsで撮影できます。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0(apt-x対応)、DLNA、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、GSM/WCDMA/LTE、DC-HSDPA 42Mbps、LTE cat 3 下り最大100Mbpsに対応しています。更新:「HTC One mini」の発売時期については、欧州の主要マーケットで2013年8月に発売予定と発表されています。Source : HTC UK



(juggly.cn)記事関連リンク
世界初 4K UHD出力に対応したAndroidベースのメディアプレイヤー「Nuvola NP-1」が発表、Android 4.2.1(Jelly Bean)・NVIDIA Tegra 4プロセッサを搭載
NTTドコモ、2013年夏モデルの月々サポートを増額、“ツートップ”以外の機種も「はじめてスマホ割」の対象に追加
日本未発売の東芝製Tegra 4タブレット「Excite Pro」が米国の小売店でも発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。