体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「僕たちは共感し分かち合える」 BREAKERZ・AKIHIDEソロ公演レポ!

 

 

BREAKERZのギタリスト・AKIHIDEが7月5日、ソロ活動宣言後初となるツアー〈AKIHIDE 1st Live Tour 2013 “Amber”〉のセミ・ファイナル公演を東京・赤坂BLITZで迎えた。ここではその模様をレポート!

この日もチケットはソールドアウト。客電が落ち、SEが流れ出し黒いハットと白を基調にした衣装に身を包んだAKIHIDEを照らし出すと場内に割れんばかりの歓声が起こる。そして オープニングにふさわしい“涙の河”でライヴがスタート。「さあ行こう」と呟き、観客をソロ・アルバム『Amber』の世界へと誘い、続く“愛しのヴァルキュリア”では力強いギターと歌声で扉を開け放つような爽快感をもたらしてゆく。

「〈Amber〉ツアーへようこそ! AKIHIDEです。早いもので今日セミ・ファイナルです!」と挨拶し、自ら先導して手拍子をレクチャーし、会場が一体となったところで “黒猫のTango”へ。“サーカス”“蜘蛛の糸”では彼の相棒であるSGギター〈チェリー〉と共に妖艶に魅せ、「この曲はアルバムのなかで最もバラードらしい曲。今日、雨は降っていないけど、この会場に桜色の雨を降らせたいと思います」と“桜雨”。6方向から降り注ぐ淡い桜色の光がAKIHIDEを照らし、続く“星の狂想曲”では、ミラーボールの乱反射した光と赤い光が交互に差し込み楽曲の静と動を見事に表現し、観客を惹きつけた。

「次に聴いてもらう曲は昔、遠い遠い空の上にいる人に綴った曲です」と話し、BREAKREZ結成前のバンド、NEVER LAND時代の楽曲“天国への手紙”を披露。中盤のMCでは、彼が〈ひと聴き惚れ〉したというバンド・メンバーの二家本亮介(ベース)と石井悠也(ドラムス)を今回のツアーでのさまざまなエピソードを織り交ぜながら紹介。「このツアーを回っていて自分には色んな呼び名があることに気付きました。AKIHIDE、AKIさま、アッキー、ここまではいいんですよ。で、エロひで、エロさま、挙句には〈さま〉も無くなってエロ。そして佐藤とかね(笑)。まぁ間違いではないけども、今日はソロなんでAKIHIDEで統一していきたいと思います!」と話し会場の笑いを誘った。

「BREAKERZっていう母船があるから、こうやってソロ活動できる。大切な場所であるBREAKERZに敬意を表して次の曲をやろうと思います。この曲はだいぶ前に作っていたもので、2人に聴かせたら2人とも〈かっこいい!〉って言ってくれて。いろんな巡り合わせで、今日みなさんの前で歌えるのも何かの縁かなって思います」と“哀しみデイズ(カナシミDays)”を披露すると会場のボルテージは最高潮に。

「みんな自分のココロの檻を突き破ろう! 飛び出そう!」「もっといけるだろ!」と煽り、“LION”へ。観客は拳を突き上げ、間奏部分ではAKIHIDEとバンド・メンバーによる激しいソロ・バトルが繰り広げられ、エモーショナルなギター・プレイに会場の熱気は再びヒートアップ。そのまま畳み掛けるようにして本編ラスト・ナンバー“マリア”へ突入。ギターをかき鳴らしながらスピーカーの上に登り、後ろの観客を煽ると会場は一瞬でヘドバンの嵐と化し、大興奮のなか締めくくられた。AKIHIDEが去ったステージ上には〈A〉のロゴが赤い三日月へと変わり、〈thank you〉の文字が浮かび上がるなんとも彼らしい粋な演出が。

鳴り止まぬアンコールに応えて再びステージに登場すると突然“Happy Birthday To You”が流れ、彼のロゴ〈A〉が描かれた誕生日ケーキが登場。待ってましたとばかりに集まった観客は〈ハッピーバースデー〉を歌い祝福。

「実は、今日が誕生日だってこと忘れていて……いきなりだからびっくりした」と驚きつつ、ろうそくの火を吹き消すと「食べてー!」と客席から声が上がり、鼻に生クリームを付けて応えるお茶目な一面も。

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。