ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

給料が上がらない状況で増加する週末起業の注意点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

週末起業の3つの注意点
給料がなかなか上がらず、また、終身雇用制度が崩壊したといわれている中、週末を使って自身の価値観の創造や、副業としての収入の獲得を目指す、いわゆる「週末起業」が昨今増加傾向にあります。

週末起業を行う際に、注意しなければならないポイントは3つです。
①現在、働いている会社の就業規則等で兼業禁止条項がないかを確認する。
②週末起業でも税金の申告が必要なことを理解する。
③週末起業を成功させるためには計画を練ることが必須である。

兼業禁止条項がないかの確認
多くの企業が何かしらの禁止条項を就業規則で定めているため、会社に週末起業の是非について問い合わせをする必要があります。また、平日の業務に支障をきたさない範囲で行うことを説明できれば、禁止条項があったとしても週末起業の道が開ける可能性は高いといえます。

週末起業も確定申告が必要。領収書は必ず保管
週末起業であれ「自身で事業を行い、売上を上げる」という行為のもとで発生した利益(売上-費用=利益)に対しては、給与以外の収入として確定申告を行い、税金を納める必要があります。この点を見逃した場合、後々、無申告のペナルティを受けることは当然ですが、最も致命的なのは「経費の領収書」を保管していないケースが多いことです。領収書をすべて破棄しているなどの状況では、経費となるものも経費とできなくなります。鉄則として、事業を開始したなら「領収書」は必ず保管しておきましょう。

週末起業で利益を出すには計画を練ることが必要
週末起業であっても、成功し利益を大幅に出している人も非常に多く存在します。ただ、感覚のみで儲けられる人は、ほんの一握りと考えてください。もともとお金をかけない週末起業であれ、やはり少しは儲けようとして始める場合が多いはずです。その際に必要なのは「計画を練り、PDCAを回す」ということ。これは会社であれ、週末起業であれ同じことなのです。計画と実際の売れ行きの差を日々埋める作業が、事業の成功に多大な影響を与えます。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP