ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新バンドとのアメリカンな新作完成! 高橋幸宏のインタヴュー更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

昨年に還暦を迎え、その長い音楽遍歴をみずから辿る3時間超のライヴ〈高橋幸宏 60th Anniversary Live〉を成功させた高橋幸宏。このたびリリースされたニュー・アルバム『LIFE ANEW』は、そんな彼が新たな一歩を踏み出す音作りとしてバンド・サウンドを全面に打ち出した、自身のルーツのひとつ、60年代アメリカン・ロックを探訪する作品となっている。

その旅のお供として新たに結成したのが、ジェイムズ・イハ(ギター)、Curly Giraffeこと高桑圭(ベース)、堀江博久(キーボード)、権藤知彦(管楽器)という豪華メンバーが参加するYukihiro Takahashi with In Phase。bounceでは今回、pupaとは趣を異にしたタイトなバンド・サウンドが響き渡っている『LIFE ANEW』について、高橋と高桑の2人に話を訊いた。

★インタヴューはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP