ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、リストバンド型活動計「Fitbit Flex」を用いた健康管理サービス「SoftBank HealthCare」を7月18日より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは7月16日、同社のスマートフォンユーザー向けの健康管理サービス「SoftBank HealthCare」を7月18日より提供すると発表しました。「SoftBank HealthCare」は、リストバンド型活動計などの専用デバイスを使用して取得した個人の運動・活動データをクラウド上で管理し、蓄積されたデータを基にユーザーに対して健康面のアドバイスなどを行う健康管理サービス。開始当初の専用デバイスは「Fitbit Flex」が提供されます。「SoftBank HealthCare」の利用料金は、「Fitbit Flex」本体、電話相談などのサポート料金を含めて月額525円(サービス発表時から値上がりしています)。サービス開始時の対応機種はiPhone 4S/iPhone 5のみ(iOS 6以上)で、8月下旬以降にAQUOS PHONE Xx 206SHが対応し、その後、他の機種も順次対応する予定です。サービスへの申し込み窓口は、ソフトバンク携帯電話取扱店、ソフトバンクオンラインショップ、My SoftBank。ソフトバンクオンラインショップとMy SoftBankから申し込みをした方には、後日郵送で「Fitbit Flex」が届けられます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、中断していた「Optimus it L-05D」の最新アップデートを本日10時より再開
ASUS Japan、7インチAndroidタブレット新モデル「MeMO Pad HD7」を発表、価格は19,800円
Android版「Chrome Beta」がv29にアップデート、WebRTCに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP