ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、Androidスマートフォン「Libero 003Z」「STAR7 009Z」をプリモバイルとして発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは7月16日、同社のオンラインショップ限定で「Libero 003Z」と「STAR7 009Z」を同社が提供しているプリペイド型サービス「プリモバイル」の新商品として発売しました。どちらもソフトバンクで一度発売されたZTE製のAndroidスマートフォンです。「Libero 003Z」は、2010年冬モデルとして発売された機種で、3.5インチ800✗480ピクセルの液晶、Qualcomm MSM7227 600MHzプロセッサ、Android 2.2を搭載しています。販売価格は、Aプランが13,440円(10,000円分のチャージ付き)、Bブランが19,425円(20,000円分のチャージ付き)。「STAR7 009Z」は、2011年冬モデルとして発売された機種で、3.8インチ800✗480ピクセルの液晶、Qualcomm MSM8255 1GHzプロセッサ、Android 2.3を搭載しています。販売価格は19,425円(20,000円分のチャージ付き)。Source : ソフトバンクオンラインショップ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、1台につき最大5,250円を割り引く「ドコモ夏の家族セット割」を7月19日~9月1日の期間実施
KDDI、本日より「スマイルハート割引」の対象を「特定疾患医療受給者証」または「特定疾患登録者証」の交付を受けた方にも拡大
Optimus G2(G2)韓国版の写真がまた流出、バッテリー容量は2,540mAhか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP