ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外と日本のAVの違いとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オトコなら、多くの人が一度はお世話になったことがあるアダルトビデオ(AV)。かつて“洋モノ”がもてはやされた時代もあったが、いまや日本のAVは世界的にも大人気だという。なぜ日本のAVはここまで進化したのか? 海外のAV事情にも詳しいAV評論家の大坪ケムタさんに聞いてみた。

【画像や図表を見る】

「考えられるのは、モザイクがあるかないか。日本では局部にモザイクがかかっていないと違法ですが、欧米では何の問題もありません。これが、作品の傾向に影響している。日本はモザイクのおかげで肝心なモノが見せられないので、それ以外の部分で見せ方を工夫しなければいけません。それが、企画モノなど多様なジャンルが生まれ、独自に進化してきた理由のひとつだと思われます。一方で、欧米は肝心なモノを映せるわけですから、余計な工夫は必要ない。そのため、日本の企画モノのような多種多様さはなく、オーソドックスに男女のカラミを映している作品がほとんどです」

なるほど、見せられないからこそ創意工夫の余地が生まれたというわけだ。さらに、大坪さんによると、日本と欧米ではAVの“撮り方”にも大きな違いがあるという。

「日本は様々なアングルからできるだけセクシーに女優を撮ろうとしますが、欧米では行為そのものを撮る。そのため、男女のカラミ全体が映るような引き気味のアングルが多いですし、男優があまり映らないようにするなどの配慮もほとんどありません。演技も比較的大げさで、声も大きいですね。また、日本の作品と比べると構成上のメリハリもなく、我々からすると一本調子に見えてしまうかもしれません」

それもこれも、モザイクが必要ないため、シンプルに見せることを追求した結果なのだろう。また、単調な作品が多くなる要因は、もうひとつあると大坪さんは言う。

「アメリカは契約社会。ポルノ女優(AV女優)も、撮影前に分厚い契約書にサインをします。そこには、撮影内容からセリフ、さらには体のアザの位置まで克明に記されている。ですから、流れの中で柔軟に作品の内容を変えていくことができませんし、変わった内容だと女優がサインしてくれなくなる可能性も。こうしたことも、同じような作品ばかりになる原因といえるかもしれません」

いずれにしても、我らが日本のAVは、モザイクのおかげでここまで進化したといえそう。大坪さんいわく、「日本でもモザイク無しが解禁されたら、単調な作品ばかりになるかも」とのこと。が、現状ではそんな心配(?)はなさそうだ。
(鼠入昌史/Office Ti+)
(R25編集部)

海外と日本のAVの違いとははコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「ミドル級アイドル」に注目!
夫の趣味品 勝手に捨ててもOK?
KARA妹分がセクシー看護師に変身
タトゥーストッキング売れ筋は?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP