体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴシックデザインに魅了される理由は?『シザーネックレス』製作者・夜虎さんインタビュー「アンティークな空気感を追求したい」

ゴシック系好き女子の一部で密かな人気を集めているマテリアルな質感の小さなはさみを装飾したアクセサリー。この『シザーネックレス』の製作者・夜虎さんは、ボーカロイド巡音ルカのサンプリング音声を担当した浅川悠さんのイベントの衣装を手がけているほか、イラストの講師を務めるなど幅広いジャンルで活躍しています。
今回、ワークスコーポレーションから『ゴシック&ロリータ アクセサリー素材集』を刊行したばかりの夜虎さんにインタビュー。クリエイターを志したきっかけや『シザーネックレス』をはじめとするアクセサリー作りに込めたこだわりについて、お話を聞くことが出来ました。

--オリジナリティーあるアンティークな作品を発表されている夜虎さんですが、子供の頃からずっとクリエイターになりたい、と思っていたのですか?

夜虎:うちの家はみんな手先が器用で。お父さんが電気修理の技工士で手作業が得意ということもあり、飛行機や車のプラモデルを作っていたので、立体物がたくさんあるような家庭でした。それで、兄が感覚的に鋭くてちょっと「凡人じゃないぞ」という感じだったんです。

ーー「凡人じゃない」とは?

夜虎:兄が小学生の時にはB4の紙を使ってエッシャーのようなデザインのピラニアの切り絵を作っちゃったりしていましたね。そんな兄とことあるごとに比べられて「悔しいな」ということがあり、それがもの作りを継続する原動力になりました。家族が当たり前のようにできているから自分もできないとおかしい、という意識が強かったですね。

ーー感性が磨かれるような家庭環境だったのですね。影響を受けたというマンガはありますか。

夜虎:一番なのは藤田和日郎先生ですね。今でも『うしおととら』など毎回読むたびに号泣するんですけれど、心理描写がすごいじゃないですか。秋葉流という天才が「自分は努力をしてはいけない」というじゃないですか。何もしないでもできちゃうんだ、と周囲から思われるのは本人にとっては悔しいことなんだって読むことで知れました。あとは山の中で”さとり”に保護された実という目の見えない男の子に対して潮が嘘をつくシーン。嘘をつかないという性格なのに嘘をつかなければならなくなってしまうという業を描いていることがすごいです。

ーー真っ先に男子向けコミックが挙がりましたが、少女マンガや女子を描いたイラストなどはどうでしたか?

夜虎:実はずっと少女マンガは感覚に合わなかったのですが、中学生になっていのまたむつみ先生の『テイルズ・オブ・ディスティニー』のパッケージイラストに衝撃を受けて「女の子ってかわいいな!」と感じるようになりました。とにかく目力がすごい。それまで硬い線やリアルな描写に憧れがあったのですけれど、身体つきや指先まで華奢なんだなぁ、と。この人の絵がすごい好きと心底から出てきて、こういうものが描けるようになりたいと思う一方で、悔しくも感じてましたね。

1 2 3 4次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会