ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、米国キャリア Sprintの買収を完了

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは7月11日、米国第3位の携帯電話事業者 Sprintの買収が日本時間7月10日付けで完了したと発表しました。Sprintの買収金額は216億ドル。これにより、ソフトバンクはSprintの株式の78%を保有することになり、Sprintはソフトバンクの子会社となります。Sprintの買収によって、ソフトバンクはグループ全体で9,700万件の契約者数となり、売上高ベースで世界第3位の携帯電話業者となります。Sprintの買収については、米国の衛星テレビ事業者 DISH Networkとの買収合戦が繰り広げられていましたが、DISHは先月、255億ドルでSprintの全株式を買収する計画を断念しました。ソフトバンクはSprintの買収完了を機に、Sprintの社名を「Sprint Nextel Corporation」から「Sprint Corporation」に変更しました。Sprint Corporationが持ち株会社となりSprint Communicationsの株式100%を保有し、Sprint Corporationの株式の78%をソフトバンクの米国持株会社「SoftBank Holdings Inc」が保有します。残りの22%は旧スプリントの一般株主が保有します。新スプリントの会長にはソフトバンクの孫正義氏、副会長にはRonald Fisher氏、CEOにはDan Hesse氏が就きます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto X」がGoogleのプライベートイベントで目撃されたらしい
HTC Oneレッドカラーが台湾で発売開始
セキュリティ対策版「CyanogenMod 10.1.2」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。