ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ニコ生』で毎晩ホラー作品を上映する『ニコニコホラー百物語』開催中 各作品”怖さレベル”付き

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現在『ニコニコ生放送』では7月6日から9月13日(仏滅)まで、ホラー作品を100本上映する『ニコニコホラー百物語』を開催中だ。一部の作品は有料での上映となるが、ほとんどの作品は無料で視聴可能。

上映作品は『リング』『呪怨』『着信アリ』などの国産ホラーの有名シリーズのほか、『シャイニング』『エルム街の悪夢』『13日の金曜日』『サスペリア』といった必ず観ておきたい洋画ホラーの超名作も。
映画以外にも、オムニバスホラー『2ちゃんねるの呪い』、ガチの心霊スポットに殴り込む『新怪談耳袋殴り込み!』、芸能人が怪談話を持ち寄る『淳二稲川のねむれない怪談』など、バラエティ豊かなタイトルが揃った。

また、各作品の見どころをチェックできる“怖さレベル”を各作品の放送ページにて掲載。こちらの執筆は『ホラー通信』(http://horror2.jp/[リンク])が担当している。どの作品を観ようか迷っている人はご参考あれ。

「怖いのが苦手だけど、怖いもの見たさで観てみたい」という人にも「大勢とワイワイ観たい」という人にも、是非ともおすすめしたい『ニコニコ生放送』でのホラー上映。コメント弾幕で盛り上がることうけあいだ。最後の100本目の上映が終了したあとには何かが起こる、との噂も……? どうぞ、お楽しみに。

特集ページ『ニコニコホラー百物語』 ― http://ch.nicovideo.jp/hyakumonogatari



カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。