ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メイド服着た「人造アイドル」が接客するカフェが赤坂に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昼はビジネス街、夜は高級クラブがネオンを灯す繁華街を抱える東京・赤坂に、似つかわしくないコスプレカフェが今年2月にオープンした。その名も『アンドロイドルカフェ』。

 メイド服を着て接客してくれる女のコたちは、20XX年からやってきた天才少年によって製作されたアンドロイドアイドル(通称アンドロイドル)で、客とのコミュニケーションによって心が育つという設定なのだとか。

 客が常連になる(育成する)ことで、アンドロイドルがステージで歌ってくれたりと、さまざまな“オプション”が負荷されていくのだという。

 アイドルオタクが多い秋葉原ではよく見られるシステムだが、赤坂でこのコンセプトは浮いてしまうのではないか……オーナーに「なぜ赤坂なのか?」と聞いてみた。

「この育成型ガールズカフェのシステムを世界に発信したいんです。秋葉原に来る外国人は観光客ばかりだけど、赤坂といえば世界につながるグローバルなビジネス街だから、ここで店を出せば外国人ビジネスマンにもアプローチできるかもしれないって考えたんです」

 その狙いは意外と当たっていて、実際、外国人ビジネスマンの客も少なくないのだとか。本当に世界進出しちゃったり?

■アンドロイドルカフェ
【住所】東京都港区赤坂3-17-1 KDGビル1F
【営業時間】月~木、日/17:00~24:00 金土/17:00~28:00
【定休日】無休

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2013年7月5日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「アンドロイド」端末向けコンテンツに強い企業は株価も好調
「1杯無料」と「おかわり無料」は何が違うのかを明かす書
赤坂生活18年の小島慶子氏 「今は高齢者も若者も遊べる街」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP