ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GO Launcherの開発元がスライド型の新ランチャーアプリ「Swipe Panel(ベータ版)」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホームアプリ「GO Launcher」の開発元が新Androidアプリ「Swipe Panel」のベータ提供を開始しました。「Swipe Panel」は画面の端からスライドして表示されるAndroidアプリのランチャーアプリ。画面端のタッチ領域をタップして内側になぞるだけで、事前に登録したAndroidアプリがパネル上に表示されます。どの画面を表示していてもお気に入りアプリを起動できる点が特徴です。アプリの設定メニューでは、パネルの透明率や表示/非表示時のアニメーション速度の調節、タッチ領域の位置の変更、アプリ名の表示/非表示の設定を行うことができます。アプリはまだベータ版ということで、パネルを表示するためのタッチ領域は右端にしか設定できません。アプリはGO Launcherの公式サイトを通じてapkファイルが配布されています。Google Playストアでは公開されていません。Source : GO Launcher



(juggly.cn)記事関連リンク
最新のAndroid版Googleマップ(v7.0.0)のオフラインマップ機能は、検索バーに”ok map”と入力するだけで利用可能
ドスパラ、2機種の新型Androidタブレット「Diginnos Tablet」を発表、7月24日に発売
東芝、新型Androidタブレット「AT7-A」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP